【ネコとか唄とかそんなもの。】

2004年09月 11-20日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年9月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2004年09月11日(土)

09/11●アニメ版鋼の錬金術師[ホムンクルス封印](先週分)comic

公式|マンガ感想1〜2 3〜7 アニメ版感想前回

(マンガ単行本より数冊分は先を行っているから、間の展開が分からないのが悔しい。)

‖事前知識

主人公2人(エドとアル)は、かつて死者(母親)を復活させようとして、練成して《失敗》した。これが主人公らの原罪であり、賢者の石探しのきっかけでもある。

その《失敗》作が、敵の手にわたって人造人間(ホムンクルス)として再構築され、主人公らを落としいれようとやってくる。

−−なんて厳しい設定か。子供が見るもんじゃない気までする。

‖今回

その敵にアルが翻弄され、苦悶する。エドはすでに以前に対面しているため困惑は乗り越えており、封印しようとするのだが、アルがそれの邪魔をしてしまう。

アルもだんだんと現実を理解してくる。−−この際の2人の会話。

アル「兄さん、僕らはいったいどうしたらいいの?」
エド「目をそらすな、これが俺たちの罪の形だ」

−−改めて。なんて厳しい設定か。子供が見るもんじゃない気までする。単行本6巻7巻で回想シーンとして母親練成失敗を詳細に書いたときも厳しいと思ったが、まだ続きがあったとは。

アニメそのものとしては、ストーリー表現が冗長だったり、動きやタメがイマイチだったりするのだが、物語の核が力強いので、許してしまう。

[calender]

2004年09月14日(火)

09/14●オレンジがこてんこてん@自宅目の前neko

(撮影日は12日。)

家を出ると、いきなりノラのオレンジがドテンと構えている。寄ると、向こうもズシリズシリと寄って来る。足に頭をこすり付ける。なぜろという。ひさびさに濃密なコミュニケーションだ。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

こてんこてん。

photo photo photo photo photo photo

ミーちゃん本人とおばさんもやってくる。おばさん、例によってうるさく喋る。「このノラはたまにウチに入り込んで餌たべちゃうのよね」「あっちの角にもミーって名前のネコがいてね、これがかわいくないんだ」etc。そうこうしてると、ミーちゃんもこてんこてんしだした。日だまりが気持ちいいのか。

09/14●覗き見 白オレンジ@自宅すぐ近くクリーニング屋neko

建物の間のスキマから顔だけ出して、顔を洗っていた。

photo photo photo photo photo photo photo

近寄ったら一歩下がる。ニャーと鳴く。こちらを伺う。写真は撮らせてくれる。ストラップをフラフラさせて遊びに誘ってみる。無反応。一歩寄る。一歩逃げられる。でも遠くへはいかない。そんな関係。

09/14●17:30 ジャレあう子ネコ2匹@亀戸天神裏neko

*istD+DA16-45mmF4ED/AL

たどり着いたら、ちょうどネコおばさんが餌をやるところだった。「始めは慣れなかったが、いまはおとなしくなった」とのこと。餌を食べ終わったら撮影開始。だが、暗さもり、ネコがあまりにリラックスしていることもあり、100枚以上撮影するが、掲載は5点のみ。

サバトラ子ネコ。おとなしい。前足一本出してジーっとしているのがgoodであった。

photo photo

白子ネコ。ちょうどはばかりをして、臭いをかいで、前足後ろ足で器用に砂をかけて隠したところ。本能って不思議だ。

photo

石の上で2匹。カメラをまったく意識せず、自由にジャレはじめる。非常によいシチュエーションで、幾枚も撮影したが…暗すぎる。掲載写真も、色がほとんどない。さらにブレる。

photo

せっかく*istDで気合いれたわりには、Exilimのときのほうがいい写真になっている。さらにいえば、今日撮影の[覗き見 白オレンジ]のほうがよほどいい。悔しい。次にチャレンジする機会があれば、16:30から行こう。

(撮影している最中、やたら汗がダラダラ出た。服に溜まる、目に入る。大変。寝ころがって撮影するために長袖シャツを着ているとはいえ、今日はそれほど気温が高くないので、不思議。)

なお、大きなクロネコは親ではない模様(ネコおばさん談)。あと、焦げは兄弟ではないらしい。たしかにひとまわり大きい。

[calender]

2004年09月15日(水)

09/15●レイトショーで[LOVERS謀(はかりごと)]review

え、そのエンディングじゃダメでしょう。2時間の長尺映画で、前半こんだけアクション飛ばして、後半でいちおうドンデンガエシ設定をいくつも持ち込んだにもかかわらず、こんな単純展開(かつ金城君の稚拙なアクション)で終わりではダメでしょう。カタルシスがなにもない。−−だいいち、ラス前で巨軍兵が動いている伏線が無視されちゃった。

ツァン チーのアクションはすごかった。最初の遊女踊り子では幻滅だったが、胡桃タイコからはgoodの連発。

でもこれならHERO英雄のDVDを買って見直すほうが賢いなあ。話の区切りかたがしっかりしててテンポがいいし、色のマジックもワイヤーアクションマジックも、あっちのほうが出来がいい。

09/15●とにかく胃腸がおかしい

熱まで出る。医者いかねば。

[calender]

2004年09月16日(木)

09/16●なじみのオジイサン医者

食事の乱れと疲れからくる十二指腸炎だそうで。 保険が効かないけど体によく効く注射を打ってくれる。 帳簿上は別の注射を打ったことにして、値段を下げてくださる。多謝。 リンゴOK、肉NG、魚推奨、おかゆ食べとけ。牛乳タマゴNG揚げ物。

こんなことを言われる。

「きみは独身なの? いい男なんだから、はよ嫁さんもらいなよ。自分じゃ食事管理もできないだろう。」

しかし、あいかわらず老人ウケする容貌だ>自分。

09/16●何食べようか

制限厳しいなかでの選択。ブロッコリ蒸し+甘エビ+わかさぎ甘露煮(惣菜)+味噌汁。ただしほんとは「火を通したものだけ」と言われたのだが、甘エビは刺身である。

余談だが、江戸っ子の先生は「ひ」といえない。なので「塩通したもの」となり、一瞬理解できなかった。

09/16●NHK:ジャムtheハウスネイル#8[魚つり]review][comic

NHKプチプチアニメ製作者による紹介過去の感想

事件後のジャムの反省のセリフに泣いてしまった。ツボだ。

嘘つきより、バカのほうがいいもん

ニャッキは残念ながらだんだん趣味ではなくなってしまったが、ジャムはすべていい。DVD vol.2も買おうかな。

歌も好き。何度聞いても泣いてしまう。simpleで優しくて強い。

ネコがネコであるように
イヌがイヌであるように
全身全霊
ボクでありたい。

09/16●ソバ屋ちかくのトラとオレンジneko

前に遊んでもらったトラ。ようやく撮れた。撫ぜさせてくれたのだが、不如意にカバンがズリおちてゴトンと大きな音がしたため、不機嫌な顔をして数歩奥へ行ってしまった。失礼しました。

photo photo photo photo photo photo

コンビでいたオレンジ。片目潰れかけなのだろうか。ふぐりがご立派。

photo photo photo photo

09/16●だれーん3匹居眠り@ネコアパートneko

近寄ったらさすがに起きた。不機嫌そう。

photo photo

09/16●またもや焦げフサonバイクneko

今度はon。前はby。なんでもない写真だが、大変お気に入り。

photo

09/16●流鏑馬神事+獅子神輿@天祖神社photo

いわれは、将軍だったか信長だったかの使者の流鏑馬による。予告ポスターを見て、馬が出て大人が射る雄雄しいのを想像していた。実際は、お稚児さんによる遊び弓だった。ちと残念。

(余談:奉仕児童と呼称されていた。性問題かなにかで禁止ワードなのか?>お稚児さん)

photo

獅子神輿。

photo photo

16時スタートなのだが、まず子供たちの洗礼があり、これが30分待っても終わらない。15分散歩してネコ写真を撮ってきても、まだ終わっていない。食材(上記)の買い物をして戻ってきたら、ようやく本番だった。

photo

神楽もなってタイコもハデで、雰囲気はいい。でも、弓はけっきょく神主が引いているようなもんだし、的が近すぎるし。うーむ。ま、お祭りだから。

09/16●焦げネコ「ん?」|居眠りオレンジ|シロネコぺろり@天祖神社近くneko

神主さん自宅の飼い猫。

photo

駐車場でオレンジ。見事な居眠りっぷり。…あれ、片目だ。尻尾の形状といい、さっきのと同じ?? 距離はだいぶあるのだが…

photo photo photo

ネコアパートでは、ネコオバサンによる施餌が終わったところ。7匹くらい集まっていた。そのうちの白。いっけん清楚だが、見事に生意気な目つき。好み。

photo photo

前に*istDで撮影したときとは表情がぜんぜん違う。毛の描画などは当然*istDのほうが断然上だが、写真としてはExilimのほうが好きだ。まいったな。*istD一式売却しちゃおうかと悩む。金欠だし。ま、そこまで貧窮はしてないが。)

[calender]

2004年09月17日(金)

09/17●藤本能道の色絵展@智美術館review

美術館公式(期間中=9月30日までは情報あり)

この美術館は、前に偶然フラっと入り、現代陶芸中心の空間演出ある展示でとても気に入った。これで2度目の入館。

(通院している病院が広尾なので、2つ隣。ついでで行く。)

今回の藤本さんは、陶芸師ではなくて絵付け師。まったく知らないひとだが、美術館を信頼して行く。

結果。大正解。柔らかさと力強さの同居した見事な鳥で満載だった。とくに入り口すぐの大きなツボの鳥は、下地である白磁の白と、絵の具後塗りらしき艶あり濃い白、それ以外のぼかしの白、多段階のグレー、淡い黒、絞まった黒、それらを総動員して、見事に表情豊かな鳥を描いていた。モノクロだけでこの豊かさ。

ほかにも梟が好み。これは偶然前回も展示されていた。

前回同様 セキュリティの甘さに便乗して、少し撮影。当然著作権違反。雰囲気だけでも伝わればいいが…

photo photo

(この狭さで1300円はちと高いのだが、気に入って3周して食い入るように見たから、損はしてない。それでも所要時間30分。)

09/17●平井堅[life is...]の功罪music

非常に流行ったバラード。サビがこのうえなく秀逸だと思う。せつない。見事。

永遠は(答えなど)どこにもない
誰も教えてくれない
でもキミが笑うと この胸は なにかを叫んでる
それだけが真実

でも、この曲+[大きな古時計]のヒットのため、堅兄はすっかりバラード専属になってしまった。もったいない。

彼にはエゲつないダンスビートとエロソングを歌って欲しいのだ。岡村がヘコんでいる今、それをやれるのは堅兄しかいないというのに。

09/17●仲井戸麗市[ホームタウン]music

2ndの1曲目だっけか。せつなく盛り上がるバラードロックなフォークな曲。なぜか突然脳裏に浮かんだ。

ジェファーソンエアプレーンに飛び乗って
すべての支配者たち ケムにまいたら
偽者セントラルパークで 恋をしよう
そこが俺のホームタウン

話は変わるが、1stの1曲目[別人]はRCとはまったく違うハードでラジカルなプレイでかっこよかったのう。

最近music分類が思い出しネタばっかりだ。

[calender]

2004年09月18日(土)

09/18●夕方 香取神社近くのネコ3匹にジャレられるneko

通っている床屋に行く前に、黒と白黒と2匹。帰りはトラも含め3匹。

photo photo

ねぐらにしているアパートを覗き込むと、全員がニャーと鳴いて寄ってくる。この時間にやってくるネコオバサンでもいるのだろう。触り放題というか、めいっぱい奉仕させられた。しゃがみこむと、私の周りをネコがうろうろ。ズボンに頭をこすり付ける(においつけ)。手のひらに頭を押し込む(マッサージ要求)。こんなのは方南公園以来だ。ひさびさ。

奉仕中、自転車オバサン1人および小学生2人に「このネコ触れるの?」と質問された。見てのとおり、触り放題でっせ。触りかたの指導などする。

白黒ブチがこてんこてん。

photo photo photo photo photo photo

[calender]

2004年09月19日(日)

09/19●神輿行列+亀戸天神の亀

天祖神社含め、亀戸の地域祭り。各丁目が神輿を出している。笛とタイコが生演奏。祭囃子が気軽に聞ける街。うれしい。

photo

おまけ。亀戸天神の亀。亀を捨てていく人がいる。会社の某先輩も経験者だそうな。その結果がこの大量。限度が来るのはいつだろう。

photo

09/19●請う情報:クラシックCDを*大量に*聞ける図書館

愛知県だと、県立総合美術館の図書室で、けっこうな数のクラシックCDが聞ける。新宿タワレコの1/10程度とはいえ、高名作曲家の代表曲くらいは網羅している。中野ゼロはたいした数がなかった。

東京にもそういうところ(大量に聞けるところ)はないだろうか。請う情報

こういうときに“はてな”を使えばいいのかな。

(追記:某所にて情報集まる。上野の東京文化会館がかなりよい。あと広尾の中央図書館。民生音楽協会国立音楽大学

[calender]

2004年09月20日(月)

09/20●平沢進[世界タービン]music

2nd【サイエンスの幽霊】1曲目。オーケストレーションとインダストリアルノイズにまみれながら、ハイスピード部分とゆるやかポップ部分を併せ持つ、奇妙キレテツ摩訶不思議な名曲。

歌詞も平沢らしき思わせぶりの朗読世界。

朝の風はめくるめく 幾千もの声を消す。通り過ぎる人並みに 遠い異郷の景色重ねても 帰らぬ永久のリズムよ。

女性の声が中盤で歌う。

あぁ、大丈夫よ、タービンは廻るわ。

そうであるかぎり世界は大丈夫。

09/20●16:00 どうどうとしたネコたち@香取神社前商店街neko

photo photo photo

よく分からない花壇っぽいものの裏側で。

昨日のネコアパートも行ってみたが、誰もおらず。敗退。これがメインの目的だったのだが…

09/20●焦げフサon室外機|ジャンプするクロneko

すぐ隣。解体されつつある家の脇で。

photo

photo photo photo photo

ようやくネコたちに信頼されてきたのか、私が慣れてきたのか、ある程度思うような写真になってきた。

09/20●16:30 ジャレまわる子ネコたち@亀戸天神裏neko

今日は餌より早い時間。最初白のみだったが、あとからトラも来る。

白はたいくつらしい。私のズボンで爪を研ぐ。−−おとなしいので撮影しやすいが、あまり面白いしぐさはしないのと、ちょっと不細工な歯茎なのが珠に瑕。

photo photo photo photo

トラが来る。白が遊びに行くが、それもしばらくの間だけ。今日はトラは脇の倉庫前で1人ジーっとしていた。

photo photo photo photo photo

白はターゲットを変え、私の靴紐で遊ぶ。

photo photo photo photo

トラは脇でコテンコテン。レンズが気になるので両手でフードをつかもうとする。−−撮影していないが、白は鼻先をレンズフード内部につっこんできた。

photo photo photo photo

白は私の股下に入ってくる。ネコはなぜ狭い隙間に入りたがるのだろう。

09/20●今日の装備

 *istD+DA16-45mmF4ED/AL

今日はあえてAFばかり。足元靴紐ガシガシなどだから、AFじゃないと撮れませぬ。

09/20●画像レタッチにはDiMAGE Viewer(+Rota+縮小専用。)review

昔ミノルタDiMAGE F100ユーザーだったときに付属で入手したもの。いまだに使っている。各種オートレタッチが適切で、しかも手動レタッチ機能が豊富。白黒グレー点による色調補正機能まで付いているので、シロネコを撮影したときは補正がらくちん。

photo

あとはrota縮小専用。を使う。

(なお、この写真はボツ写真。私はかわいいだけの写真は好きじゃない。しぐさや周囲からネコの生活まで写しこみたい。)

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年9月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
inserted by FC2 system