【ネコとか唄とかそんなもの。】

2004年09月 21-31日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年9月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2004年09月21日(火)

09/21●ムーンライダーズ【青空百景】とくに[僕はスーパーフライ](82年)music

moonriders.com(アルバムとか)|moonriders.net(最新とか)

【青空百景】1曲目。ヘナチョコポップスかと思わせる演奏をしつつも、よく聞くとニューウェイブなひねり演奏が満載。スーっと聞けて、気にしないとサっと抜けるのに、いったん気になると残りすぎるほど残る。

歌詞はストーカー愛。気持ち悪くなるくらいの執拗さなのに、どうしても憎めない。

そしてサビが究極に美メロかつ美ハーモニー。ポップの職人芸、ここに見たり。でも歌詞はこんなの。

「僕はハエになってキミの 家の周りグルグルまわる」

【青空百景】はこういうひねくれたポップ集。[霧の10km]のクールファンクネスも好き。[二十世紀鋼鉄の男]の美麗な弱い優しさも好き(かしぶち氏の超美メロ!)[物は壊れる、人は死ぬ 三つ数えて、眼をつぶれ]の切迫感も好き。[くれない埠頭]の頼りない力強さも好き。−−パっと聞いただけでは掴みは弱いし腰も弱く感じるけど、噛み締めるうちに味が濃くなる。

【マニアマニエラ】と同時期にこんな楽曲をやっていたんだから、ムーンライダーズの面々はほんとに幅が広いというか、節操がないというか。

09/21●ムーンライダーズ[マニアマニエラ](82年)music

超ニューウェイブパンクアルバム。インダストリアルノイズ満載のポップたち。聞くと疲れるが、どうしても忘れられない1枚。問題作。

01 Kのトランク
疾走感溢れるハイスピード。アッパー系。名セリフ「薔薇がなくちゃ生きていけない」を残す。
02 花咲く乙女よ穴を掘れ
重たいテンポの重たい労働歌。作詞糸井重里。遊びと狂気が満載。
03 檸檬の季節
クール。感情を廃するかのような不思議な合奏で淡々と歌われる。希望ある歌詞だが、どうしてもそう聞こえない。そこが大好き。
08 滑車と振子
私が一番好きなプログレッシブ風味ポップ。ノイズループによるドラム、感情のないピアノ。押し殺した裏声。この怖さ。
歌詞が最高に好き。「さむいよ僕と滑車」「抱き合う僕と振子」のなんと鮮烈なことか。

09/21●ムーンライダーズ[DON'T TRUST OVER THIRTY](86年)music

ムーンライダーズとしてはもっとも分かりやすきロック名作。でも、それがかえって行儀がよすぎて、アクが弱いか?(それは贅沢か…)

第1回解散(休止)直前アルバム。個々のプロデューサーとしての色合いをあえて濃く出して持ち寄った作品。たしか「テーマはハードロック」と鈴木慶一氏自らおっしゃっていたと思うんだが、そのとおりに全体にハードなギターが鳴り響く。良明先生大活躍だ。

02 9月の海はクラゲの海
作詞:サエキけんぞう。超ポップ。甘ったるいのにくどくない。「キミのこと何も知らないよ/キミのこと全部感じてる」とこれまたストーカー気味なのが気持ちいい。「ガラスみたいに突き刺して/フィルムみたいに忘れない」の部分はまさに珠玉。
04 だるい人
作詞:蛭子能収。ひょうげたイントロ。遊び心豊かな演奏とメロ。「突然 体がダルくなり 道に寝た/行方も知らぬアスファルト」と楽しい。キレよいロックなのに。ふしぎ。
05 マニアの受難
鈴木慶一氏なのに(失礼)珠玉のハードロック。ステロタイプながら強烈にカッコいいsimpleなリフが轟音ディストーションで鳴り響くなか、テープ操作(あるいはエフェクト)で1オクターブくらい高くイジりまくった声が世紀末的マニア収集欲を語る。大名曲。
06 DON'T TRUST ANYONE OVER 30
ファンク色あるハードポップチューン。泣ける。詩は逃亡する大人たちの哀歌なのか。ボーカルは慶一氏なのに(失礼)見事な張りのある強いロック。これも傑作。
07 ボクハナク
博文氏珠玉のポップス。なんでもない曲なのに、あたたかみと存在感が強い。
08 A FROZEN GIRL, A BOY IN LOVE
武川先生の大名作。最初はドラムなしで、揺れるエレピとストリングスのみで静かに入る。ゆったりとしたテンポ。渋い低い声で歌う。美メロ、美コーラス。大好き。
09 何だ?この、ユーウツは!!
前半中半後半の3部に別れる。ピアノ+語りのあと、強いヘビメタなリフが入り、曲が始まる。オーラスは若いゲストボーカルがタイトルテーゼを歌う。力強い佳曲。

衝撃。気が付いたら自分はもう30超えてるんだ。


しかし、どれだけ書いてもムーンライダーズの場合書ききれた気がしない。悔しい。

ライダーズでこれなのだから、岡村靖幸だったり、あるいは構想した有頂天・Prince・Zappa全曲感想書き直し行脚だったりしたら、どんなことになるのだろう。無間地獄か。悦楽か。

[calender]

2004年09月22日(水)

09/22●自転車ネコneko

photo photo

しっぽの長いクロネコ

09/22●夕景 焦げフサon地上neko

photo photo

今日はバイクじゃなかった。

09/22●亀戸天神裏の子ネコたち 新白neko

photo photo

いままでの白に加え、汚れ+目が病気っぽい新白子ネコが増えていた。写真は新白|元白|オトナの焦げ。焦げは餌に夢中。

photo photo photo

子トラは、いつもの親子とともに、珍しく牛像のほうまできて遊んでいた。

photo

最後に、たまには天神様本体。太鼓橋を臨んで。

09/22●引っ越し

さようなら亀戸。思い出をありがとう。最後にシャッターチャンスをたくさんくれてありがとう。

[calender]

2004年09月23日(木)

09/23●帰省の新幹線ポスター「もったいない」neko

photo

ネコは被写界深度の外でボケているが、よいネコ写真だと思った。

[calender]

2004年09月25日(土)

09/25●赤い自動車とトラ@愛知neko

赤い自動車とトラ。某ガス社宅近くの個人宅。

photo photo

左の奥にトラ。諏訪神社近くの個人宅。

photo

09/25●側溝ネコneko

側溝を歩いてやってくるオレンジ。ちょこんと座ってこちらの様子を見る。このあとタタターっと走って逃げ去った。

photo photo photo

09/25●あやしい仏閣photo

いつからあるのかなあ。幼少のころもあったかどうか、記憶が定かではない。

photo photo photo

09/25●実った稲穂・田んぼ|たまねぎ吊るしphoto

もうじき収穫か。

photo photo photo photo

近所。東京だと、タマネギ吊るしている家なんて出くわさないな。

photo

昔は近所がタマネギ畑だらけだったんだが、いまは駐車場やマンションだらけになってしまった。個人的に一番好きな食材がタマネギなだけに、とても寂しい。

[calender]

2004年09月26日(日)

09/26●横須賀まつりphoto

昔書いた詳細な記録

いちおう帰省のメインイベント。でも記録はかんたんに。どんてんと紙ふぶき。一番の見せ所。

photo photo photo

カメラ老人がたくさんいた。Nikon中心。Canon EOSはおとうさんだな。そして当然のごとくみなフィルム。デジタルは1人か2人いただけ。

ちなみに、おかあさんはムービーカメラを持っていた。

(余談:昔書いた記録のほうにあるアナウンサー、今年はなかった。よきかな。)

[calender]

2004年09月27日(月)

09/27●棚の裏にネコneko

photo

右脇の棚の上、木の下に前分け白黒ブチが。飼われネコらしく、鈴付き。

09/27●マンガ喫茶でも愛知では柿ピーreview][photo

そもそもマンガ喫茶は愛知発祥(のはず:違ったらごめんなさい)。幼少のときに父親に連れて行かれた際の記憶が正しければ、大元は、たんにマンガの多い喫茶店がサービスで長居を許したことから始まった。料理or飲み物を注文したら、ずっと無料でマンガを読み続けられる。そこから発展して、システムとして、一定時間以上は時間課金となる。−−はたして幼少の記憶、正しいかどうか。

photo

サービスといえば。実家近くのマンガ喫茶は、マンガ喫茶であっても飲み物を頼めば柿ピー(厳密にはこのお店はおかき+ピーナツ)が勝手に出る。これぞ愛知魂。−−写真のように、業者向け小分けパッケージが卸されているくらい。

愛知で喫茶店といえば、無料の柿ピー。お店によっては注文前の水出し時に柿ピーまで出す。3時にはパンケーキを無料で出す店もある。モーニングはsetではなくサービス

(注:少し狭めて知多部での経験としておく。)

[calender]

2004年09月28日(火)

09/28●豊川稲荷 街+味噌カツ稲荷photo

愛知にいる間に行ける場所…と考えて、一度も行っていないので豊川稲荷へ。自宅から電車で1時間半弱。

駅前広場から狐像。あとは街中になぜかカカシ。

photo photo photo photo photo

食事は、豊川稲荷すぐ近くの松屋というところで。味噌カツ稲荷。カットしたヒレカツ+が上に乗ったお稲荷さん。シソ入りで、意外にもさっぱり食べられる。写真にはないが、田楽稲荷(豆腐)も食べた。吸い物つけて、たったの700円。−−おまけで、店にあった眠り猫の木彫り。

photo photo

09/28●余談:愛知ローカルTVreview

偶然25日(土曜日)に見た愛知ローカル番組[ウド鈴木の旅してゴメン]は豊川探索で、“うなり”(ウナギ+稲荷)という似たようなものを食べていた。

余談だがこの番組、良質。というより、愛知県民体質にあっているのかもしれない。東京ではあまりTVを見ないが、愛知で母親に付き合ってTVを見ていると、けっこう自然に見られる。愛知なまり+愛知ノリと言うのが明瞭で、見ていて安心できる。

09/28●豊川稲荷 本体photo

前に東京赤坂の豊川稲荷別院に行ったことがある。それと同じ系統の大きな緑の狐が出迎えてくれる。赤いヨダレ掛け(?)をしているのも共通。

photo photo photo

柱の金具の玄武。廊下の松鶴。

photo photo

灯篭の竜。柱の竜。

photo photo

団体客がおり、ガイドがいろいろ解説している。私もそれをかじり聞く。それにしても団体は老人ばかり。酔っ払いもいて大変そう。

09/28●豊川稲荷 霊狐塚photo

メインの稲荷以外にも、お堂は3つ4つある。もう忘れてしまったが、毘沙門天だか不動明王を祭ったところも。

そして、千本のぼりを越えて(ガイド談「実は増え続けて6000本あります」)、さらに奥に行くと、霊狐塚。各種形状の狐が迎えてくれる。

photo photo photo

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

現地について納得。各地のお稲荷さんの供養塚だ。失礼かもしれないが、壮観なので大量に撮影。怖い狐も多い。

photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo photo

09/28●豊川稲荷 みやげものphoto

参道の各みやげもの屋でおばちゃんに引き止められ、店内をいろいろ見て、けっきょく買ってしまう。そういうのも楽しい。−−豊川に関係なく、どこにでもある土産だが…

photo

2重彫りのふくろう。写真に穴彫りが見えると思うが、なかにさらにミニふくろうがいる。福が2重に来る。300円。

photo

小さなカメとカエル。50円と80円。

これは今年正月に人様にいただいた豊川みやげ。ついでなので取り出して撮影。ガラス細工。

photo

(余談:ひさびさにchinon28mmF2.8でマクロ撮影したが、やっぱ単焦点は使って楽しい。FA20mmとFA43mmLimitedがあればDA16-45mmよりもネコ撮影楽しいだろうな。レンズ交換大変だろうけど。)

[calender]

2004年09月29日(水)

09/29●帰宅+ムラムラとリニューアル(小幅)

タイトル変更。[ネコとか唄とかそんなもの。]実情にあっているだろう。

09/29●うさぎさんタイル@実家駅近く路地photo

photo

小4のころ、ラブラよこすかができた。そのころに埋め込まれたものだと思う。ずっとかわいいと思っていた。

09/29●団体集合場所(学生専用)@東京駅photo

なんだこの空間は。修学旅行対策であらかじめ用意してあるのか。

photo photo

09/29●TV[陰陽師2]review

総じてよかった。単語や世界観が好みだから、めっちゃ評価甘くしてるかも。須佐・八岐・天岩戸と言われるだけで大喜びかも。野村萬斎の演技は実に巧妙。深田恭子はご愛嬌。

服装・世界観・カメラワークもよかった。重たき描画もしっかりしてた。軽くない。HEROと並べれば見劣りはするけど、恥ずかしくない作品だった。映画館で1・2ともに見ておけばよかった。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年9月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
inserted by FC2 system