【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年01月 21-31日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年1月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年01月21日(土)

予報どおり雪。起きた時点で積もっていた驚いた。今日は意図的に一歩も外に出ず。こもって音楽をやる。

[calender]

2006年01月22日(日)

T33に2週間ほど貯めてあった写真を整理。

01/22●おとうさん(TiSi)photo

photo photo

高校時代からの親友のTiSiは、いまや2児の父だ。びっくりするほど渋く貫禄が付いた。−−去年9月からの新居へ遊びに行く。写真は当人の掲載許可あり(娘さん含め)。

ひとを撮るのは、ネコを撮るより数倍難しい。そして楽しい。


娘さんは2歳。元気で、絵本を読むのをせがまれたり、おもちゃで遊んだり、タカラのせんせい(もどき)で遊んだり、また絵本をせがまれたり、ボールころがしをせがまれたり…いいもんだ。

が、毎日は大変だ。人の親になるというのは すごいことだと思う。TiSiはじめ わたしの高校以前の同級生は、かなりが子持ち。みな偉い。

01/22●アラーキーめがね自分photo

photo

アラーキーめがねにしました。丸めがね。

01/22●緑と赤の花|銀座のしだれ柳photo

photo photo photo

T33は相変わらず絵作りがそつない。実際よりも絵画調。

01/22●昨日は雪photo

photo photo

まだ溶けずに残っている。アイスバーン。

01/22●べつやくれい[しろねこくん]comic

screenshot

ねこ「と」おぼれる。ねこ「は」おぼれる。ねこ「に」おぼれる。

本書は、そういう言葉組み合わせを 意外性のあるシチュエーション変化にしたてて、ポップなイラストで見せてくれる。かわいい。

01/22●憧れの先輩と廊下でぶつかって|親指からロマンスcomic

先日ブクオフで少女マンガを10タイトルくらい拾い読みした。 新旧おりまぜ。 そしたら、新作でもけっこう「憧れの先輩と廊下でぶつかって」という話があったので、 にんわり笑ってしまった。10中5はそれ。

厳密にはタイトルが思い出せないが、次のは覚えてる。

  • 金色のコルダ 呉由姫
  • 親指からロマンス 椿いづみ
  • 花さかりの君たちへ 中条比紗也
  • シュガープリンセス 中条比紗也

ぜんぶ白泉社。…白泉社だからかもしれない。伝統の様式美。

01/22●椿いづみ[親指からロマンス]comic

screenshot

ツボマッサージ部の活動に情熱を燃やすおんなのこが、「こんなに肩が凝ってる人が! ほぐしてあげたい!」というラブストーリー。というと語弊があるが。そのセンとしては面白かった。

実際には、双子の姉(?)による不幸な事件が導入されたりして、物語は半分くらい。そことギャグの対比が狙いなのだろうが、この姉の設定が意味不明すぎて困る。でも、コミカル部分が好きなので許す。

最初は3話よみきりで完結の予定だったそうだが、続きも出ている。さて、おもしろいんかな。

[calender]

2006年01月28日(土)

01/28●TONO[カルバニア物語]10巻 とくにカインcomic

徳間Chara1995〜|1巻前半1巻後半〜2巻3・4巻5巻6・7巻8・9巻10巻

screenshot

第1話がとくに素敵。

全筋:カイル タンタロット公爵が、自分の誕生日のお祝いに、スラム街の子供たちにお菓子を配る(「生誕の施し」)。それを見て育ったイサク少年は、「自分もあんな大人になりたい」と、自分の誕生日に王宮の入り口に「生誕の施し」のお返しに行く。門番兵に断られても、プレゼントを捨てられても、イサクは毎年続けていた…

イサク少年の心の動きも、カイル公爵の愛ある振る舞いも、エンディングへの流れの意外性も、とても好き。

本作は常にそうなのだが、王族や貴族の仕事としての 外交接待が、表面的なキラキラした部分だけではなく、「なぜ王族同士は笑顔を見せあわなければならないのか」などを、ものすごくシビアに描いている。今回の話であれば、「ご巡幸を長年続けること」が、(1)1人の少年に与える影響、(2)町に与える影響、の2つが、お話としての綺麗さと 理想の行政としての美しさを持って 描かれている。これはとてもすごいことだと思う。


2話以降は、全編を使って、(1)エキューの恋、(2)カイルの再婚、(3)爵位の返上、そして(4)継承という、複雑な話を有機的に絡ませて、物語を織り成している。ふつうに考えれば、1つずつ切り離して話を作れば 見せやすいのに、TONOさんは絡ませたまま それぞれがうまく伝わるように、しかも絡ませたことで同時性を持つことで 展開がより劇的になるように、しっかり配置している。TONOさんのストーリーテリング力・マンガ力に感服。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年1月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
inserted by FC2 system