【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年04月 16-20日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年04月16日(日)

11日〜16日、帰省してました。実は2月からずっと体調不良で寝込みがちで、実家に戻っても結局寝込んでるだけ。予定ではお伊勢さん+神宮美術館へ行ってくるつもりが、叶わず。

04/16●花鳥画の煌き展@名古屋ボストン美術館(金山)review

screenshot

駅でポスターを見て、飛込みで見物。中国・韓国・日本の花鳥画。3つ かなりいいのがあったので、内容としては満足。

ただし。美術館が狭い! 併設の写真展も含めて、15分で2ループ見終えた。ものたりない。いわいる常設部分がない。それも物足りない理由か−−これは愛知県民の発想? オマケがないとやっていけない。

東京の公共美術館が総じて広く、それに慣れてきている というのもある。が、都美の1/3もないのではないか。愛知県美と比べても、たぶん2/3以下。

(注:都美はかなり広いが、国立博物館はもっと広い。)

04/16●若き日のダリphoto

photo

転写撮影@名古屋ボストン美術館 資料室。 かっこいいと心底思うであります。

04/16●ダイエーがdaieiにphoto

photo photo

マークも変化。@金山。sugakiyaは安いほうのまま健在。たすかる。

04/16●スガキヤ60周年|ラーメンフォークプレゼントphoto

公式

愛知では新聞に載ってた。

photo photo

もうずいぶん前から店舗でもこのスプーンフォークは使われていなかったが、ついに完全停止だそうで。記念で「お譲りします」と。

photo

写真は、素のラーメン290円+カフェデザート190円。後者=コーヒーゼリー+アイスクリーム+コーンフレーク。

photo

待ち札。やっぱこれがスガキヤの基本。

04/16●不可解な用事photo

photo

字にも書けない不可解さ。

気持ちよく使用できますように。

[calender]

2006年04月17日(月)

04/17●夢:ミスタードーナツの創業者は魯山人

screenshot

ミスタードーナツは、風流茶人らが気軽に集まることのできる茶会所として、魯山人が創立した。


もうちょっと夢は続いて、「それを達磨太子が引き継ぎ」となるのだが、そこで目が覚めた。05:00。寝ぼけまなこで続きを考えたが、たいして面白くならない。

04/17●ふざけたURL:東京メトロのスペシャル

東京メトロのスペシャル

photo

oの数はそれ以外のテキトーでも ちゃんとここに飛ばされる。とはいえ。

なお、tokyo.netは抑えてない。手抜かり。

04/17●はなししphoto

photo

これなら くさかべさんも疑問はあるまい。

04/17●トレドミン導入|行動療法[鬱]

わたしは2月からずっと寝たきり状態を続けてきました。食事の時間以外はほとんど寝ています。

  • コントロールできない眠気(散歩中ですら目が閉じる)
  • ひどい胃弱
  • 肩こり+背中こり 痛い 座っていられない 横になるしかない
  • 食欲がめちゃくちゃ(1回の量は正常の1/2程度で、ほぼ3時間おきに1日6回食べる)

先月までは医者も「休息してるしか ないのでないかな」という処方でした。内科医・整形外科医も認める仮面鬱病です。

2ヶ月経って こりゃいかんというわけで、 医者と本格的に相談し、対処をとるようにしました。

(1)薬の変更:
アモキサン→トレドミン。デパスを減らす。全体に眠気をなくすように調整します。
(2)生活リズムの整頓:
強制的に朝ちゃんと起きて、できるだけ昼寝はせず、自律神経を整えていきます。

薬は2週間かけて入れ替えます。

というわけで、またお散歩する毎日になります。去年の2月のブクオフ行脚以来の行動療法。

なのでネコ撮影も再開。ふんばって、FA*24/2ALかsigma24/1.8DGを買おうかと検討。とりあえず、明日手持ちのsig24/2.8で再検討。

[calender]

2006年04月18日(火)

散歩シリーズ初日。*istD+M50/1.4。1枚目だけsig24。▼前日夜に風邪で寝込む。幸先悪い、というか風邪なら寝てろ>自分。融通が利かないのが困る。

04/18●だいちゃんと石・植え込み@ネコ屋敷neko

photo photo photo photo

この場所の定番配置。いい顔するなあ。

04/18●痩せブチのスタコラ|ミケトラ@中央通りスキマneko

photo photo photo photo

庭に面した部屋のガラスが大胆に割れていて、そこがネコの出入り口になっていることが発覚。力強い。

04/18●花photo

photo

04/18●再掲:特撮ライブ2001年「バンドの命は物販だ!」music

2001年10月28日

よりぬき。

おまえら、バンド存続の生命線はなんだか知ってるか? そうだ、物販だ!

物販をなめるなよ! Japanが潰れた真の理由も物販だ。Japan扇子が売れなかったからだ。ELPが潰れたのは、グレック=レイク饅頭が売れなかったからだ。筋少が潰れたのも、筋少カレーが売れなかったからだ。だって、おまえらですら買ってくれなかっただろう(涙)。

(注:JapanだったかX Japanだったかあいまい。だが、次に出したのがELPだから、デビット=シルビアンのJapanのほうだろう。)


余談だが、過去の文章を読むと 面白い。この2001年10月は椎名林檎とベンフォールズファイブを購入して気に入っているが、とちらもとっくに売却した。

[calender]

2006年04月19日(水)

今日はサイバーショットT33。比べると、昨日の*istDの絵はとても綺麗だ。こう明確に差が分かると、「ひさびさにマジメに撮るか」という気分になる。

04/19●ほぼ 生まれたて@笹塚個人宅|寝てました|壁neko

6時に目が冴えてしまい、6:30に着替えて笹塚まで散歩。その途中、いつものところで。

photo photo photo

うわあ 赤ちゃんだ。外ネコでは初めて見た。私の指2本分くらいしかない。おっぱい吸ってる。母ネコが母親独自のゴブゴブいう鳴きかたをしてる。3匹くらいいる。

これは先日のon the ガラクラと同じ家。子ネコの話を書いたが、このあいだ撮影したのが成長した子ネコで、こっちがもともとの親ネコか??

ありゃ。過去写真を見たら。子ネコはトラだったぞよ。

04/19●春から色めきますようにphoto

photo

いままで好んでモノトーンを着ていたが、気分を変えるためにオレンジ+赤。カバンはやたらに薄いものを選んだ。軽さはいまひとつ。

想い出はモノクローム|色を付けてくれ。

04/19●踊る狛犬@妙法寺photo

photo photo

灯篭の飾り。昨日撮影。

04/19●勧誘の現場@新宿西口大型カメラ街photo][review

photo

「アンケートお願いします、お礼に図書券を」とくるやつ。ふだんはオバチャンがやっていて、誰もひっかかっていない。

今日は若いねーちゃん。アニメ系ボイス+大げさで奇妙な手振りで、デブのおにいちゃんを捕まえた。おにいちゃんの手にはヨドバシの袋。

わたしがカメラ屋をひやかして20分後に再度通っても、まだ話し込んでいる。おにいちゃん自身が積極的におねえちゃんに話しかけている。阿呆だな。あと20分もしたら、部屋に連れてかれて何か買わされるのだろう。

04/19●おなかがまるでダメ体調

痛い。空腹を感じて食べると、もっと痛くなる。内科の薬が効かない。下痢。けっこうまいった。今週はずっと おかゆの日々。

(幸いなことに、味は分かる。魚は比較的胃もたれしない。昨日はちょっと奮発して寿司を食べた。うまかった。)

最初は胃腸風邪かと思ったが、熱は無い。わたしは風邪のときは悪寒が出ることが多いが、今回はずっと発汗・のぼせ。めずらしい。もっとも、突然20度まで気温も上がっているので、実際に暑いのかもしれない。よくわからない。

偶然なのか、鬱の薬を変えた直後からずっと。

ただ、調べても そういう副作用はないみたい。逆に便秘になるものらしい。→まとめ

[calender]

2006年04月20日(木)

04/20●須藤真澄[庭先案内]1comic

エンターブレイン2006年2月

screenshot

方南町ブクオフで立ち読みし、あまりのクオリティの高さにそのまま救出回収。450円と高いが、満足。いま調べたら、出たばっかなのね。そういえば乱土さんが紹介してた

須藤さんのオリジナルマンガは初めて読む。こんなに物語を作れて絵が描けるひとだとは思っておらず、正直おどろいた。−−まだ3話目までしか読んでないが。

内容:
 連作短編。どの物語も少女が主人公で、《すこし不思議》な なにか に遭遇する。
第2話:
 死んでしまったばかりのおばあさんと再会するお話。
 その《事実》に気が付いたときのコマの、光表現と構図のよさ。そのあと《過去》に行く流れの美しさ。感服。

人物が、髪の毛も瞳も、基本的にベタonlyで描かれている。それがポップでキュート。

04/20●須藤真澄[おさんぽ大王]全7巻comic

エンターブレイン2001〜2003

screenshot

内容:
作者実録もの。東京を中心に いろんなところに出かけて、その模様を ツッコミを交えながらレポートする。

1・2・7の第1話を抜き読みしただけなのだけども。こんなに面白いとは思わなかった。

  • (1)幼少の想い出=駄菓子屋のもんじゃ焼き。月島で叶えられるか? 
  • (2)いつのまにか有料になった東京タワー。楽しめるか? 
  • (7)墨田区は防災訓練に妙に力を入れている。体験コース、やってみよう。

実は私は、マンガゆずを嫌い。ゆず は果てしなくかわいい。だが、悪い意味での《ネコかわいがり》をしていると感じてしまう。

そのため、須藤氏のマンガはずっと避けていた。損した。

04/20●須藤真澄[長い長いさんぽ](ゆず、ねんねね)comic

screenshot

マンガの好き嫌いとは別に、ネコ“ゆず”の死は悼もう。−−本作を読んで、めいっぱい嗚咽。

だがしかし、ペットロス症候群になっちゃうのは ちょっとどうかと思う。ペット・祖父母・近所のおいちゃんなどの死を体験し 乗り越えてこそ大人になれるのだし、そのための儀式としての葬儀だと思う。

−−いろいろ書いたら長くなったので、カット。まとめる。

  • 葬儀はnot死者のためbut残されたひとの今後へのふんぎりのため
  • 悲しさだけに支配されなくするがため、通夜や葬儀は忙しかったり賑やかだったりする
  • 悲しくても葬儀が《できてしまう》というシステムにこそ、深い存在意義がある

だからこそ。

本書のラストで須藤氏が「新しい子ネコをもらってくる」ことを嬉しく思う。そうそう、乗り越えていかなくちゃ。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
inserted by FC2 system