【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年04月 21-31日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年04月21日(金)

04/21●ホットケーキ@西永福すかんぽreview

目黒果実園神田folioハニートースト五反田ラゴン炊飯器で西永福すかんぽジョナサンデニーズ笹塚tournago明大前スプーン新高円寺Days代田橋スリーコン

photo

分厚い。卵たっぷり。でっかいハチミツがどーんと付いてくるのがなんとなく嬉しい。

飲み物付いて700円。まあ相場だけども。ランチと同じ値段だと考えると、ホットケーキ道はけっこうお金がかかる。

04/21●空が綺麗photo

photo photo

風が強い分、空は澄んでいた模様。

午前は頭痛と寒気で12時まで寝ていた。それで風邪が峠を越えたか。ようやく鼻水とセキが出るようになった。

午後は散歩。近所のブクオフに行くだけのつもりが、気持ちがいいので遠出。方南町→(方南通り)→西永福→(井の頭通り)→永福町→(神田川沿い)→方南町ブクオフ。

本日の救出回収:こなみかなた[はぐはぐ]9巻。残るは6・7のみ。

須藤真澄[おさんぽ大王]全7巻がぜんぶ105円でそろっているのだが、これを買うかどうか悩み中。すごく気に入っているのだけども、ちょっと躊躇。まずは笹塚らくだの在庫を確認してから。

[calender]

2006年04月22日(土)

晴れ。*istDでひさびさに撮影しようとしたら、電池が切れてた。▼気持ちを切り替えて散歩。方南町→(環七から市街地を通って)→明大前→(甲州街道)→代田橋・笹塚。

04/22●焦げミケ+寄りブチ@代田橋neko

photo photo

photo photo photo

駅のすぐ近く。「エサをやらないで」看板があったので、住み着いている模様。

ブチは寄って来るので、マッサージをしばし。ぐてんぐてんとしてくれた。

焦げミケも、動かなければ近寄っても平気。しばしボーっとしてネコ集会に参加。

04/22●ブチミケ@明大前 ほか 記念撮影neko

photo photo photo photo photo

1枚目を除いて、写真としてはなんとも面白くない。まあ記念。

04/22●線路photo

photo

04/22●つのだ☆ひろサインphoto

photo

代田橋駅ちかくの中華屋。昼を食べたところ。入り口に、なぜか つのだ☆ひろのサイン。

実は、方南町のキッチンなべにもある。このへんに住んでいるのか?

04/22●山が見えた@明大前

photo photo

明大の隣。高速の隣。本願寺の隣。遠くに山が見えた。予想外。東京都市部でもビルがない面があるんだな。

04/22●多肉植物

photo

もらいもの。

04/22●自立神経失調体調

体が訴えている不調が、 暑いのか寒いのか、それともおなかが空いたのか、 どれだか分からんです。区別が付かない。 みなさんはどうやって分類して感知してるんだろう。

これはあれかな。 音感がないひとに、 いま鳴っている音がピアノなのかフルートなのか、 CなのかFM7なのかDm7なのかG7なのか、 ドなのかファなのか 説明しがたいのと同じなのかな。

いや、《赤色》なのか《ド》なのか区別が付かないレベルか。

それは悲しいなあ。

[calender]

2006年04月26日(水)

04/26●J.P.ホーガン[ガニメデの優しい巨人]導入部review

初回:星を継ぐものガニメデの〜

先日まで、[星を継ぐもの]を何度目かの再読。ちょっと硬い。面白いけど硬い。そして、「SFちうより、やっぱ、サイエンスを使ったミステリーかのう」などと思う。

今日から2作目。イントロで前作を引きずった感じのミステリを経由して、突然始まるファーストコンタクトもの。これがめっぽう面白い。グイグイひっぱられる。楽しい。

[calender]

2006年04月28日(金)

ネコ多数+美術展で、ひさびさに700枚越え撮影。

04/28●掛井五郎の動物記(展)@渋谷ギャラリーTOMreview

渋谷区の宣伝

photo photo photo photo

NHKで偶然に宣伝を見て、気に入る。GWいっぱいなので、今日のうちに。

ブロンズ+木造の、ポップな造詣たち。リアル系ではなく抽象。松永真にちょっと近い。気に入る。

小ぶりだが、見やすくて充実したギャラリー。2F+屋外で、合計4部屋。これで600円は安い。

写真撮影は「個人的利用ならOK。ホームページへの掲載はNGね。」といわれた。ごめん、掲載します。


スタッフを見て思った。

こういうギャラリーを運営できたら、楽しいだろうな。 バイトでもすっか→アートマネジメント総合情報サイト:ネットTAM。無給ボランティア スタッフ。

夢見ているヒマがあったら、まっとうな職務復帰計画を立てるべきかもしれない。だが、 いまは夢を見ていよう。

04/28●お母さんネコ@神泉駅近くneko

*istD+M50/1.4

photo photo photo

渋谷の1つとなり。昼飯を求めて徘徊していて、ネコに出会う。4匹ほどいたが、1匹だけ寄ってくる。こてんこてんするので、マッサージを施す。なでながら撮影。

通りすがりのおじいさんによると、おかあさんネコだとのこと。「なつくのは珍しい」。そか? 寄ってきたよ。これは慣れたネコだべ。

04/28●日差しphoto

photo photo

04/28●オレンジばあさんの系譜 子ネコ@集会場1neko

*istD+M50/1.4|sig24/2.8macroII

photo photophoto photo

photo photo photo photo photo

photo photo photo photo photo photo

もう子ネコとは呼べない、十分おおきなネコ。低くゴブブブと鳴く。近くに居る親らしきネコは、グプププと親独特の鳴きかたをする。

(もともと「ニャー」は人間用に作られた挨拶声であり、親が人間のそばで育っていない場合には、子供も「ニャー」とは鳴かないそうな。「ゴブブブブ」はそれだと思う。−−昔も へちゃがこう鳴いていて、erkさんに教えてもらった。)

見守って遠くて撮影していたが、この子ネコはへいちゃらで寄ってきて遊べというので、ゴリゴリとマッサージしながら撮影。ほかのネコに襲撃を仕掛けるのを見守ったり、餌入れの残りを漁るのを見届けたり。いろんな物音に敏感に反応するのも、まだ子ネコの証拠…かな。

30分以上遊んでいた。玄関からご主人が出てきたので、挨拶して辞去。−−といっても、餌の時間ではなかった。ただの外出。

(sig24、いいレンズだけど、PENTAXと比較すると、色の出方がちょっと下品。近接すればボケは十分。)

[calender]

2006年04月29日(土)

雨の日はまったく役に立たない。朝寝過ごし、寝すぎて1日調子が悪い。降る前の気圧変調が辛い。降った後は多少楽。

04/29●須藤真澄[アクアリウム]comic

新声社ゲーメスト1994|秋田復刻2000年

screenshot

乱土さん一押しの作品。吉祥寺ブクオフで発見、第1話を立ち読みして感動、550円と高いが救出回収。

読み終えた。何度泣いたことか。

今回は、内容の紹介はしない。私自身が、参考で読んだWeb(上記など)の紹介プロットと《現物》を比べ、あまりに印象の差異に驚いたためだ。−−できれば みなさんご自分でお読みください。いまも新刊で買えます

ただし。庭先案内と比べると、絵の丸み・柔らかさがまるで足りない。マンガ力も足りない。10年の差があるからね。

とはいえ、その弱さを補って余りある やさしさ・透明感に溢れた作品。

04/29●手塚治虫[火の鳥 復活編]comic

2つの時代の別の物語が並行で進み、それが最後につながってくる。実にアクロバティックな快楽。かつ、どの断片の話をとっても、それ自体がはらんでいるテーマの深さや表現の深さがものすごい。

ロビタの集団自殺のシーンを初めて読んだときの衝撃は、いまだに忘れられない。もっとも いま見ると、絵の迫力はさすがに感じない。が、その提示のアイディアの良さ(天丼)には脱帽するしかない。

初期の日本歴史シリーズも好きなのだが。この復活編の物語力・マンガ力の高さは計り知れない。

04/29●よしながふみ[フラワー オブ ライフ]現在3巻までcomic

新書館2004〜

screenshot

オタと同人マンガ作成の高校生のおはなし。「それは げんしけん?」と言いたくなるが、げんしけん は表面さわやか。こちらは エグさと性格破綻だらけ。にもかかわらず愛らしさのある、見事なよしながテイスト。わたしは げんしけん は痒くて読めないのだが、こっちは パラパラと読み飛ばしつつ 楽しむ。

正直1巻はイマイチだったが、2巻で竹田さんが出てきて、話が明るくなってグー。長髪少女で、BLに共感できず、西洋貴族モノの創作マンガを描く。

3巻で友達に服屋へ連れて行かれて辟易するのだが、そのあと画材屋に入って「ああ、あの絵の具の新色が出てる! うわー、このトーン切らしてたんだ、買わなきゃ!」と ときめいて見せる、その趣味人っぷりがかわいい。

「もっとファッションに気を使わなきゃ…」
「うあ、このパース定規って めっちゃ便利やん! これでもう 紙の向こうの無限消失点に定規を当てて線を引かなくても済む!」

実は、竹田さんの逸話以外はほとんど飛ばして読んだ。すまん。


よしながふみはほかにも、[西洋小姓もの](正統耽美、けっこう読みやすい)[大奥](男女逆設定の江戸もの:アイディア脱帽)[ソルフィーユ](ピアニストの修行でホモあり)[それをいったらおしめえよ](短編集:ラストの落ちぶれピアニストのみグー)など、雑多にいろいろ読んだ。西洋骨董洋菓子店がいまだNO.1だが、基本的にはそこそこ楽しめる−−露骨な男性同性愛は辟易。

そういえば。このひとも背景が描けない人だ。露骨に白い。

もっと あえていえば。人物も使いまわしだらけだ。うーむ。

04/29●あずまきよひこ[よつばと!]5巻comic

恵那ちゃんがマジメかつたまに強情で可愛い。性格設定が固まって、キャラが自由に動いてきた感じ。

海に行く話で、とーちゃんが考えを変えるまでの2pの無音がとてもよかった。

[calender]

2006年04月30日(日)

04/30●「お紅茶ください」

今日は朝からふらふら散歩。笹塚を越して、ネコと戯れながら歩いてたら、いつのまにか東北沢に到着。下北沢に出るつもりだったから、自分の方向音痴にびっくり。

帰りに、笹塚の老夫婦経営の喫茶店まめやに寄る。目の前で挽いて入れてくれるのに、たった200円。コーヒーが透明感に溢れてて美味しい。ほんまに雑味がない。

近所の人が、入り口に顔だけ出して「うちに2杯とどけてー」とかだけ ことづけして帰っていく。地域密着型か。

なかでも、小学生(低学年)のおんなのこが300円握り締めて「お紅茶ください」って言いに来たのが可愛かった。こんなに素直に「お紅茶」なんて私は言えないわ。


昼飯は駅近くの21townにて、中華を食べる。海老のマヨネーズソース。

サーブされたとき、盛り付けのあまりの雑さに「大ハズレか」とがっくりしたが、食べると旨い。海老表面の香ばしい焼け具合と香り、マヨネーズソースのねっとりした味、どちらもグー。見た目とは裏腹に、野菜も味が濃い。

04/30●なぜっこチャトラ@笹塚→東北沢neko

photo photo photo

このチャトラの子は、首に細い首輪をしている。積極的に寄ってきては「マッサージせよ」と言う。じゃれながら撮影。

毛がよくブラッシングされていて、当人も気持ちよさそう。「ネコの幸せは 飼い主がよく世話をすること」だとひさびさに痛感する。

04/30●代田橋neko

これは数日前。

photo photo photo photo

1枚目は服を着ている。着せている飼い主の意図がよく分からぬ。ネコが体温調整しにくくて困るんじゃないか。

04/30●機械の地鳴りmusic

最近、下の階から2日に1回ほど、低く太いブオオォォオォーンという地鳴りが鳴る。洗濯機かなにか分からぬが、大型の機械の地鳴り。

これが、アタック時の空気を引き裂く感じといい、時間変化による微妙な音色の加減といい、絶品なのだ。原始的なテクノの喜び。−−わたし以外には騒音害のような気もするが。


(5月3日)

うわあびっくり。また音がするのでベランダから下を見たら、下の住民がでっかい木製の笛を吹いてた。笛ちうか、もうただの木片。1.5m*15cmくらいの円柱。音程操作の穴とかはないらしい。んで、吹くとホーミーみたいな声音が出る。

意外な展開だー。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
inserted by FC2 system