【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年11月 21-31日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年11月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年11月21日(火)

11/21●ホットケーキ道:明大前スプーンハウスreview

目黒果実園神田folioハニートースト五反田ラゴン炊飯器で西永福すかんぽジョナサンデニーズ笹塚tournago明大前スプーン新高円寺Days代田橋スリーコン

photo

某所にホットケーキの勇者あり。連日1〜3軒のレビューを書く。連絡を取り、比較的近くのお店を1つ推薦してもらう。

裏路地の喫茶店。プリン+フルーツセットだが、たしか680円とお得。卵が豊かで、ホットケーキもプリンも自然で程よい甘み。どちらも喫茶店としての味のままにハイレベル。

11/21●pocket caliculator hp|うさぎ皿@新台北photo

hp12c platinum, owned by toy1.

photo photo photo

このボタンを押せば計算するわけです。逆ポーランド式。

[calender]

2006年11月24日(金)

11/24●じゃぱねっと:T-FAL蒸し器など

photo photo photo

‖T-FAL蒸し器

ティファールもいろいろやるんだねえ。 モノはただの蒸し器だが。 8品くらい生で見せる。うまそう。 白菜の豚肉はさみ煮がサイコー! ちょうど白菜買ってあるので。やろっと。

‖ブラウンのシェーバー
「じゃぱねっとだけのオマケ付き! なんと!
鼻毛カッターをお付けします」

このセリフを大真面目に言えるとは。芸人だなあ。

‖GEL式の消臭器

このGELが、ジェルでもゲルでもない。

「ゼルが1つ付いてますので。それで6ヶ月持ちます。そこをなんと、じゃぱねっとが3つオマケいたします! これで1年半! もしなくなったら、じゃぱねっとにお電話いただければお届けいたします!」

ゼルだよゼル。当然アクセントはゼ↑ル↓。たまらん。

[calender]

2006年11月25日(土)

11/25●アメショーのデブ@堀の内neko

*istD+M35/2.0

photo photo photo photo photo

今日のお昼はこの子に捕まる。 なんでみんな寄ってきては わたしの足元で寝るのかね。 なんか匂う???

この子は家族によほど愛されているのだろう。 わたしの前でへいちゃらでお腹を見せた。 あおむけで、両手両足で腕を掴んでくる。 かーわいいのう。

なかり長時間遊んだりマッサージしたりしたあと、 ずっと腹ばいで撮影継続。 途中、少女連れの母子と、宅急便のおっちゃんに声を掛けられる。「ねこかわいいね」と。良くソレで済んでるわ>自分。いつ職質されるかわからんぞ>自分。

11/25●美人サバさん接写|マスクド:かわいく撮ってあげられないneko

photo photo photo photo photo photo

マスクドは見た目が怖い。動くとかわいいし、人懐っこいのに。

がんばって腕を磨き、内面を写そう。

11/25●テグタンという料理があるわけですよ。

ググった結果のテグタン

昼飯で焼肉屋に行きまして。 ここは壁のメニューにそれぞれひとことずつ添えてあるんですな。

「ひやひやどきっちょの テーグタン!」

…この店のメインターゲットはわしだったのか。

11/25●元ネタを知りたい

  • 「XXだけでご飯3杯はイケる」
  • 「誰がうまいことを言えと言った!」−−これははまちゃん? さんまさん?

[calender]

2006年11月27日(月)

11/27●Prince[gett off][cream]PVmusic

Princeは、ヴィジュアルのセンスがまったくない。「悪い」ならともかく、無いのだ。だから、場にそぐわないジャケットやPV(プロモーションビデオ、ミュージッククリップ)を山ほど作っている。

そのPrinceが、私の知る限り1度だけ、いい意味で悪趣味を突き抜けて成功した時期がある。【diamonds & pearls】。音楽セールスとしてダメになり始めた作品。皮肉にも、このときのPVは面白い。

‖先行single[gett off]

screenshot

音楽内容は、ファンの度肝を悪い意味で抜いた。public enemyとdr.dreを足して縮小再生産したかのような、ダークhiphop。Prince自身が音楽を未消化と言って過言ではない。これっぽっちも似合ってない。

そのPVは。ティムバートンの映画に出てきそうな阿鼻叫喚の地獄。炎が揺れ動くなかで、美人女性ダンサーとPrinceがセックスにしか見えない絡み合いダンスをしながら歌う。

screenshotscreenshotscreenshot

youtubeにPVはなかったが、同時期のTVショーライブを発見。来日直前だったこともあり日本でも放映され、私も食い入るように見た。これが本気で生。演奏もCDより数倍よくなっている。

(のちのインタビューでわかることだが、Princeは「hiphopを生演奏で」やりたかったそうな。)

‖アルバム発売と同時の2nd single[cream]

screenshot

一転して力の抜けた標準ロケンロールポップ。いま現在聞くと、この意図的な《力の抜けかた》がすばらしく、妙に安っぽい歪みギターと、低音ファルセット(プレスリー風??)が、結果として個性的な音場を作り出しているとわかる。が、当時としては、gett offとの差異に日本のプレスと私は戸惑いまくった。

(ちなみに日本人には理解しがたいことだが、アメリカ人にはこの手のロケンロールポップは必需品で、きっちりとビルボードで1位を取っている。)

screenshotscreenshotscreenshot

そのPVは。「コーラスラインか宝塚か」というくらいに麗人ダンサーを並べ、バンドメンバーとともに見事な絡みダンスを見せる。そして、歌の合間でPrinceが女性を《演奏》していく。


どちらのPVも、はっきりいって悪趣味の極みだと私は思う。だが、その突き抜け方が半端ではなく、結果として美になっている。−−だから美は面白い。

この時期は、アルバム名にちなんでダイアちゃんとパールちゃんという2人の美女ダンサーを中心に、やたら豪華なステージをやっていた。

そしてこのあと、Princeがマイテに熱をあげ、だんだんと壊れていく…

11/27●Prince[sign'o'the times][alphabet st.]PVmusic

こちらは、音楽業界全般に「センスがいい」と認められているPV。2つとも文字が躍るタイプで、前者は歌詞だけがデザインとして、後者は文字が躍る世界でPrinceもいっしょに踊る。

screenshotscreenshot screenshotscreenshot

実は、ちゃんと観たのは初めて。[alphabet st.]で個人的に大笑い。同じ写真・髪型を岡村がそっくりやってる!!!!

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年11月 > >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
inserted by FC2 system