【ネコとか唄とかそんなもの。】

2007年09月 26-31日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2007年9月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2007年09月28日(金)

09/28●メモ:コルトレーンのシーツオブサウンドmusic

screenshot

‖なれそめ

実は長いことコルトレーンは敬遠していた。理由はない。縁がなかった。

最近ふと気が向いてWebでコルトレーンのことを調べると、みな「シーツオブサウンド」(sweeping sound)「脅威の速弾き」「モードから生まれた独自のフレージング」などという。

そういうサイトの例。ハープからヒントを得た、というのが面白い。

そんでまあ、[ジャイアント・ステップス][マイ・フェイヴァリット・シングス][ブルー・トレイン]を試してみた。たとえばパーカーと比べてフレーズ方針がどう違うのか 体感しようと思った。

‖結果

コードセンスはまったく違う。コルトレーンの作るテーマもbop特有のパッセージを多様したものだが、そこに組み合わせるコード進行が初期bopのひとたちとは かなり違う。多少前衛とも思えるスリリングなものを用いるが(あいまいな表現で申し訳ない)、テーマがなじみやすいので「あさっての方向」とは感じない。うまい。非常に感銘した。

フレージングの違いは、そのコード感からくるものに感じた。組み立て方針そのものが大きく違うとは感じられなかった。−−こういうのは 自分でコピー演奏してみないと感じ取れないかも。

上記の「ハープからヒント」「アルペジオを」ということから考えると、たしかにパッセージが広いかもしれない。「音のシーツ」とは その総体のことかな?

速弾きに関しては。えーと。別に速くないと思う。

すぐ気が付くのは、「バックがrag3に対して、彼のソロは4をぶつける」を多用すること。1/12*3に対して1/16*4をぶつける。ジャズギターのひとが多用するポリリズムだ。これをやると 実際のテンポや音符分解能よりも 相当速く聞こえる。−−たぶん「脅威の速弾き」というレビューがあるのは、これのことではないか。

わたしは「自分が聞いた音楽を歴史的に並べる」ような研究的な聴きかたをしないので、このポリリズムを最初に演奏したひとがだれだか分からない。たしかに、パーカーもガレスピーも このポリは使わない。ドルフィーもやらない…というか、自分はギター以外では聴いたことないかも。ひょっとすると最初はコルトレーンなのかな? でもモンゴメリもやるような。うーん。

09/28●病状体調

風邪ばっか引いている、ということを除けば、ほぼ健常人。外出による精神発作なし。ただし、外出すると発熱しやすい。

ただ、なにかを主張すると、たいてい「意味が分からない」「きちがいくさい」と言われる。自分の発想自体がおかしいのか、伝達手法がおかしいのか。このへん当人には分からないのよね。

鬱(デプレッション)としての病状はないが、意欲やら人生の目的やらがない。これはまあ、大学生のころもなかった。会社に勤めてすぐも、毎日辞めたかった。昔 医者に言われた名言なのだが「仕事が楽しくて楽しくてしょうがない、というひとがいたら、そのほうが病気です」なので、まあ正常なのだろう。

死んだら楽だろなーと思う。そりゃみな思うだろう。

[calender]

2007年09月30日(日)

09/30●電王すげえなあreview

‖全体

ちょっと前からあまりにも評判がすごいので、 おくればせながら見た。ピアノマンから見た。

びっくらした。仮面ライダーだけど、悪の組織もなく、善悪もなく、 「時の管理」が仕事なのね。 タイムパラドックスから 記憶変容から… これはほとんどハードSF。

しかも、複数の話が同時進行。 現在の潜入者の話。ハナちゃんの話。ユウトの話。オーナーの秘密。 −−そして、コメディいっぱい、CG合成もそうとうレベルが高い。

これはすげえわ。

ただ、途中から見ても 設定がほとんど分からんのね。 イマジンの設定と憑依、そして電王の複数のフォームに関しては、 ファンサイトとWikiepdiaで勉強して、本編を3回みて、ようやく分かった。

‖時を守る

ピアノマンの3つ目(最終)で ついに時の孔が空いてしまった後、 過去で潜入者(イマジン)が暴れて 現在のひとたちが消えていった。 それを取り戻すために電王が戦うのだが

  • 1人取りこぼしてしまう
  • 1人現世から消えたままになってしまう

このシークエンスで良太郎(電王の人間)が受けたショックの描画が ものすごかった。

‖ゼロノスの苦悩:今週

もうひとりのライダーであるゼロノス(ユウト)は 「変身するたびに、現世のひとから自分に関する記憶が消える」(忘れられる) という恐ろしいカルマを背負っていることが最近判明したところ。 (ユウトは知っていたが、周囲にも視聴者にも隠していた)

そして、ピアノマンの回で変身するためのカードも使いきり、もう変身できなくなる。それは同時に「自分がこれ以上忘れ去られる」という恐怖が終わったことでもあり、でも 時の運行を守れなくなった ことでもある。

で、今日から次の潜入者の話なんだけどね。

  • 未来の自分が
  • 変身するためのカードを
  • 自分を現世から消していくカードを
  • 持ってきて
  • 自分に迫る 無言で迫る
  • 時を守るか 己を守るか

ぐっはー

かっこよすぎだよ たまらんな

‖良太郎(電王)の苦悩:今週

「自分自身がもっと強くなりたい!」と 仲間のイマジン(モモタロス、ウラタロス、キンタロス)に頼んで修業。 でもイマジンたちは「なんで良太郎が強くならねばならぬの?」と疑問顔。

で、コメディまじえて いろいろ修業するんだけどね。

後半冒頭でキンタロスが言う。

「どうしても分からん。良太郎、お前がこれ以上強くなる必要があるのか?」
「だ、だって、僕は弱くて…」

「お前は 俺たちを受け入れてくれたじゃないか。お前は 俺を守るために 俺を憑依させた。
 そんなことのできるやつは他にはいない。俺だって そんなことは怖くてできない。
 俺は、お前より強いやつなんて 知らないぞ。」

ぐっはーーー

‖サービス面

これだけシリアスでありながら、 「良太郎君の変身変化」(仲間のイマジンに憑依されることで、性格も声も変わる) などで 奥さんのハートをつかみまくったり、 モモタロスたちが 妙にかわいかったり、 子供・奥さん向けのサービスも満載。

これは人気でるよねー

DVDレンタルはつねに借りられっぱなしで ほぼ入手不可能とのこと。 買うかあ。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2007年9月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
inserted by FC2 system