【ネコとか唄とかそんなもの。】

2013年05月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

< 2013年5月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2013年05月05日(日)

05/05●神林長平のプリズムを読み終えて,今度は 完璧な涙review

プリズムはすごい作品だが,実は好きなNo.1ではない。 好きとなると,海賊課の一日,言壺,完璧な涙,そして案外にも七胴落しが好きだ。

プリズムがすごいのは,実は「神林にしては書ききれていない」ゆえだと思う。 その「書ききれていない」を補う部分が, 読者のセンスオブワンダーに直結する点だと思う。


神林さんは,どの作品でもほぼテーマは同じで,それを何度も切り口を変えて書く。 よって全体が1つの作品とも言える。 「自分とは」「存在とは」「想いとは」「言葉とは」 それを,章毎に,あるいは人物の立場ごとに,いろいろと見せてゆく。

プリズムの場合,テーマを1つ書くとしたら 「言葉は自走し,自走した想いは言葉を超える」 それをやはり章毎に書いているのだが, 神林さんにしては かなり違うものに見えるのだ。

  • 1章 制御対世界と 認識されない子供
  • 2章 予測されなかった制御対の機能と 大自我 小自我
  • 3章 創想と創言
  • 4章 色の“いる”世界での ここまでの話のクロス
  • 5章 リンボーに残る痕跡としての「色の“いる”世界」
  • 6章 完全な仮想空間での自我

放置されたかに見える内容もある。 ふだんならしつこく追う部分を,相対的にあっさりと書いている。 かわりに,ページに対するアイディア密度が濃い。

それゆえ,面白いなどの前に「すごい」という感想が出る。


完璧な涙 は,これはもうやりすぎというくらい, 同じことを何度も何度も書く。 私はそれを何度も何度も読むのが好きだ。

七胴落しは まだ稚拙とも思えるが, 読後に見る冒頭文「誕生日おめでとう」によって, 私の中では燦然と輝く作品となっている。

このしかけは 「あなたがいて/わたしがいる」に匹敵していると思う。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

< 2013年5月 >
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
inserted by FC2 system