【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年04月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年04月01日(土)

04/01●夢:トロトロの角煮

screenshot

総菜屋の店頭実演販売。デブで気のよさそうなおっちゃんとおばちゃんが、いい香りをぷんぷんさせながら、目の前で角煮を煮ている(脂を落としている)。

「次の仕上がりまでは30分」

いいよ待つよ。コロッケなど買い込んで食べて待つことに。


待ってる間に目が覚めた。04:30。くっそう。今日はどっかで角煮を食べなきゃ。

4月も1日からいい夢だ。

04/01●Web:倉田氏(ボトムズ)インタビュー

ボトムズを作ってしまった男、語る via 乱土さん|展覧会を見に行ったときの日記

倉田 このドームハウスは300万円の予算で、10カ月間の自分の労働で建てたんですが、お金に換算したら、外注で建てた場合は1000万円とか、1500万円とかにはなっているかも。

――なっているかもしれない。

倉田 ということは、僕がその年に1000万円以上の収入があったのと同じじゃないですか、本来は。でもお金持ちな感じはしないんですよね、自分でやると。

大事な話だ、と思った。


インタビュー掲載Webは日経Express。他の記事も面白い。

[calender]

2006年04月02日(日)

04/02●toshiba solid statephoto

photo photo

ヤフオクで買った電子毛布(電気毛布ではない:どのメーカーも)。コントローラーの模様が文化的。

ロゴも懐かしい。今のは味気ない→東芝

ちなみに落札値段120円、送料1300円。軽いのに。

04/02●tamba trio(tamba3)music

screenshot

latin bossa jazz。面白いリズム、変幻豊かなテンポ。激ウマのピアノとドラムの激しいプレイ。そして、コーラスワークは濃厚なのに、どこかヘタウマの香り。不思議な本格派。

もともと、前の会社の同僚otaがラテンファンで、「入門用に」と貸してくれたコンピに[Mas Que Nada]が入っていたのが知るきかっけ。「おーーー、ありあーりお、オパ! オパ! オパ!」。この有名曲、tamba trioのテイクはかなり知名度高いと思う。平坦なボーカルに対し、ピアノで和音変化を促すのが印象的。

04/02●浦澤直樹[pluto](プルートゥ)3comic

ビック系2004〜|1巻感想23

screenshot

パワーダウン。いつもの悪い浦澤が出てきたような。ウランがクソ生意気なのがいけないか。

低迷のなかでは、エプシロンの登場が好き。お約束っぽくはあるが。

ゲジヒトのなかで繰り返す記憶「1体500ガロンでいいよ」はなんなのだろう。1巻から読み返したが、記憶の混乱として提示されるだけで、いまのところ正体はなし。

(その読み返しで思ったが、面白さのピークは1巻、執事ロボの話かも。)

いちおう、人型のプルートゥの「癒し」能力への自分自身の戸惑い、そして怒号する制御不能のプルートゥなど、影とはいえようやく形が書かれたのが見所かな。

(原作では、ウランの「やさしさ」に触れて、プルートゥは破壊を躊躇するようになる。裏沢版のウランは、まあ優しいけど生意気だから、かわりに「癒し」能力なのかな。)

[calender]

2006年04月03日(月)

04/03●AJAXという言葉は定着しなかった:Web2.0もたぶん[IT]

いま(05:00)夢(寝てみるもの)で、「ブラウザに2・3の設定を入れるだけで、自分自身マシンをサーバーとして共有公開し(P2P?)、複雑なコミュニケーションWebと同時にRPGを共有する」というWebアプリを見た。−−実際、P2Pでなければ、これくらいのonline gameは実在する。

「そういえば、Javaスクリプトだけで3Dダンジョンゲームを作ったところがあったな」と思い出したが、そのとき踊っていた単語がどうしても思い出せない。−−検索する。AJAXだ。本を出そうと企画したこともあった。


AJAXはそのままWeb2.0に吸収されて言葉が消えたのだろう。ブツとしては、Google Mapらを先鞭に、MSNスペースの編集画面とかWindows Liveとか、現役として生き残っていくと思う。

ただし、「Web2.0」なんて単語も、ユーザーには定着しないだろう。ユーザーは技術の名前には興味が無い。オジーは賢いから、1度もその名称を使わない。ただサービスのみ提示する。言葉で踊るより、使えるブツを出すほうが偉い。開発側とは別なのだ。−−MSも、「Windows DNA」「.NET」と宣伝して 何も産まなかったわけだし。

(ちなみに、いまのMSはレイ・オジーがCTO開発主任をやってる。Notes/Grooveのひと。買い取った会社のひとをこんなに活躍させるのって、珍しいのではなかろうか。Grooveを買ったんじゃなくて、オジー個人を買ったんだな。)

考えてみればGoogleだって、AJAXとは言ってない。他人が言い出した言葉

04/03●空飛ぶ子ネコ、自転車にもぐるneko

photo photo photo

今日は風が強くて、モノは飛ぶは自転車は倒れるは。ネコはあまり見かけなかった。

04/03●grapevine[lifetime](2nd:1999)[musici]

screenshot

ラスト3曲がものすごく好き。ほかのもまずまず。

大人(NOBODY NOBODY)
 ガットギター+ラジオボイスのみによる軽いシャッフル。雰囲気もよくでてる。
 Bメロ(サビ)では見事な美メロ・美コードを出す。このへん日本人のウマさ。
望みの彼方
 初期vineの王道バラードロック。切なくて重い。
 歌詞はすっかり病的。「ひとりでキミは泣く 断りもしないで」「ただでさえ耳が鳴る だからひとりにしないで」「真夏に咲いた花は枯れて」「誰かが言った 僕のせいだって」「まだ夢を見てますか キミがなにかを言ってた」
HOPE(軽め)
 スローテンポ。ものすごくハードでブルージーな演奏。Aメロではアーシーに。Bメロはちょっと不思議な位置にメロが移動、コーラスでbeatles「うーーしゃんららら」が使われる。Cメロ(サビ)では歪みギターの力強いカッティング(ほんとに強い)とシャウトボーカルの見事なリズム提示。
 いまの日本人ってロックできるんだ。

[rubbergirl][rubbergirl no.8]のジャムもいい。タイトル的にはbeatles[revolution][revolution no.9]なのだろうな。vineは6小節展開が多いし、そのへんもbeatles風味。

beatlesに限定せず、有名著名な洋楽のメロ・演奏引用がけっこうあり、それを考えるのも楽しい。

[calender]

2006年04月04日(火)

04/04●やなもの見ちゃった

ひとのよさそうな老人 男女混合 20人くらいが、真っ青のスタッフジャンパーの集団4人くらいに連れられて、ビルの1室に入っていく。老人の手には「お買い得」「割引」のチラシ。スタッフはニコニコで、誘導の声をかけている。

あー。布団かなんか買わされちゃうんだろうな。やなもの見ちゃった。

04/04●本日の救出回収:内田春菊[南くんの恋人]ほかcomic

  • 南くんの恋人
  • シーラカンス ロマンス
  • 愛のせいかしら
  • 波のまにまに

文春文庫、合わせて100円。勉強で読んで、たぶん売却する。

思っていたより いしかわじゅんっぽい気がする。全体に。


実は私は、人気が出た後の内田春菊が嫌いだ。ヘンにシンボリックになっちゃったので 天邪鬼になって嫌っている面もある。が、実際にマンガがつまらないと思う。

大学生のころ、偶然 春菊のことを知らずに 古本屋でマンガを買った。タイトルを思い出せないが、「フツーってナンだろう」と悩む女子高生が、いろいろ巻き込まれて普通でない生活を送ってしまう話。1巻はとても面白かった。2巻以降は悲惨すぎて 悲しかった。でも、エグくてすごい話だと思った。

[お水物語]だったかな、そんな感じの有名作は、けっこうタルかった。

そのあと、突如 春菊は有名になりすぎた。


[南くんの恋人]はさすがに既読。恋人の身長が突然1/10に縮んでしまった話。有名作。

だが、《設定》しか知らないひとは多いかもしれない。仕掛けをバラすと、 実は本作で描かれるのは人間関係のみで、縮んだ理由などはまったく描かれない。理由もなく始まり、翻弄されつつも押し殺して明るく過ごし、あっけなく死を迎える。明るい笑顔のときも、どう考えても猛烈に悲しい。

その悲しさをして、たしかに名の残る作品だと思う。

[calender]

2006年04月07日(金)

04/07●NHK迷宮美術館[光]

ライティングの専門家が来て、次のような分析の実証実験をやった。

  • レンブラント:点光源1つのスポットライト
  • フェルメール:線光源の反射光(+ディフューズ拡散)+キャッチライト表現

screenshot screenshot

なかなか説得力のある結果。画家が実際にライティングして描いたのか 頭の中でライティングしたのかは分からぬが、ともかく面白い。

自分で写真を撮るので、「写真ではライティングが作品の表現を決める」と分かっていた。それが、絵でも同様だとは、なぜか思い至らなかった。


岡本太郎が、「銀座の夜空に絵を描いて欲しい」と依頼を受けて、ヘリコプターのライトを筆代わりに、長時間露光写真に絵をしたためた。それが紹介されていた。自分の目では軌跡も確認できないだろうし、ヘリコが意図通りに飛んでくれるわけでもないだろうに、ちゃんと太郎の筆致になっていた。


ゲストのうち、篠原ともえがかわいくてよかった。芸風が変わってないのが ちょっと古臭いのだが、番組自体にもNHK特有の古臭さ(あえて変えないのだろう)が漂っていて、不思議なマッチング。

いとうまい子が、作家の精神性に踏み込んだ勝手な論評をくりひろげていて、それがとても気分が悪い。おまえはその場におったんかいな。「モネにとっては、奥さん自身が光そのものだったのです。その死後、どうしても人間が描けなくなった、描こうとしてもかけなかったのです。」−−せめて「だと思います」と言え。

わたしは絵や音楽を、製作当時の人間環境やら精神状態やらで語るのが嫌い。結果の作品自体をまず味わい、咀嚼してほしい。−−歴史を鑑賞してるわけじゃないはずだ。

[calender]

2006年04月08日(土)

04/08●NHK週刊こどもニュースreview

今回は[民主党って?]。人形がよくできてた。

photo photo


この番組は、こどもをターゲットに、時事をわかりやすく解説する。

ここで大事なことは、子供のレベルを低くは設定していないこと。子供だましではなく、ちゃんと大人にも通じる内容を、あくまで子供のボキャブラリーの範囲で、こういう人形やら 動かせるパネルやらを用いて、直感的に提示する。ものすごい解説技術だし努力の産物だと思う。

番組は大きく3つに分かれる。

まとめて1週間
 1週間のビッグニュースを4つ5つピックアップして報道。週の終わりに、「そういえばこんなことあったな」と思い出せるので、とても助かる。
今週の大ハテナ
 1つテーマを出して、時事ネタを詳細解説。おとうさん役がパネリスト。
なっとく定食
 おもに子役3人が、素朴な疑問やら最新技術やらを「なにそれ?」と興味を持ってレポートする。

いつぞや:「2007年問題ってなに?」 団塊世代がゴソっと退職することの問題をレポート。ヤマハに出向いて、ピアノ組み立ての微妙な調整の大半が《技術者のカン》によるものだと取材紹介。ヤマハの偉いひとが、子供を馬鹿にせず、「いかにして技術を引き継ぐ努力をするか」を真摯に語っていた。

04/08●サザエさんの主張review

「あなたもサザエさん わたしもサザエさん」
  • 超自我存在(スーパーエゴ)
  • 個性剥奪による没個性社会の実現
  • リピート放送による刷り込み洗脳

[calender]

2006年04月10日(月)

04/10●北道正幸[プーねこ]comic

screenshot

アフタヌーン連載。方南町ブクオフで105円救出回収。

基本はネコが出てくる4コマだが、3度に1度はストーリーものを書く。

そのストーリーものが、毎回設定がヘンで楽しい。1巻だと、瓦の上(屋根の上)で暮らす《瓦人》の親子の放浪物語とか。最近の連載だと、スーパーのサッカー(袋詰め)が《プロ競技》になってる世界で、プロのおばちゃんが幼女を一目見て「才能がある!」とスカウトする話とか。

ネコ4コマは、いわいるネコマンガ(ネコそのものの生態などを描く)ではなくて、擬人化されたキャラとしてネコが使われるだけ。不条理をサラリと流すための道化役。ネコマンガを求めている人は要注意。

04/10●ekys|クマのセキさん(チャッX)photo

photo photo

このekysロゴとマーク(家? 矢印?)、どの街でも見かける(方南町・笹塚・目黒)。駅への方向を示す矢印を親切で描いてくれてる? んなわきゃない。

セキさんはチャッX。ともだち。

04/10●赤裸々|on theガラクタneko

photo photo

赤裸々くんは、このあと私に首をマッサージされました、とさ。

ガラクラは、笹塚の個人宅。前は子供もいたのだが、最近みない。放し飼いだが、室内にいたこともあるので(窓から見えた)、子供は誰かにもらわれていったかな。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年4月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
inserted by FC2 system