【ネコとか唄とかそんなもの。】

2005年01月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2005年1月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2005年01月01日(土)

01/01●自分干支:プチトマトreview][photo

2004年

あけましておめでとうございます。今年の自分干支はプチトマトです。

photo

ことしもお世話になります(プチトマトに)。

01/01●さらに漫才

さすが名古屋、朝からよしもと系が見える。今度は全国版らしい。よしもと多い。またのいるこいる師匠出てた。

01/01●かくし芸大会

オーラスの合唱の指揮、宮川泰御大であった。ちょうどアキラくんの話をしたところなのでびっくり。

[calender]

2005年01月02日(日)

01/02●ひる 岡田夫妻と大須→名古屋港

幼馴染の岡田君の誘いでブラブラ。

01/02●大須免税店で見つけたおかしなものphoto

MEGATOWN、いつ潰れるかと思っていたが、いちおうまだ営業中。ただし地下フロアは閉鎖、地上もPC屋はなくなり、外人向けの不思議なものを売る免税店などが食い込んでいた。生き残れるのか。

photo photo

その免税店で。ものすごい形の一体型ステレオコンポ+ペナントのれん。ペナントなんて久しぶりに見た。

01/02●名古屋港で見つけたカメ|ニョロニョロ愛photo

駐車場の置物。港風景。カメ飼育施設。ヴィレッジ ヴァンガードのニョロニョロ愛。

photo photo photo photo

01/02●ヴィレッジ ヴァンガードと名古屋の意外な関係

ヴィレッジ ヴァンガードなんてスカしたものが愛知に入り込んでいるとは思わなかった。…が、Webみて驚き。本店名古屋だったのか。本社は長久手だし。無知だった。

[calender]

2005年01月04日(火)

01/04●ネコ大集合1@愛知 祖母宅となりneko

前からネコがいることは知っていた。2003年はトラに遊んでもらった。去年帰省時もExilimでいろいろ撮影した。

今回、異様に増えていてびっくり。トラ2、焦げ子ネコ1、茶焦げ1、クロ焦げ1、ニケ1、クロ1、前わけ1。ぜんぶで8匹。隠れてもっといるかもしれない。このお宅の室内に入り込んでいるから、事実上育てているのだろう。

1時間半ほど粘って撮影。512+256の2つのCFを満杯にする。700枚ほど。

photo photo photo

photo photo photo

photo photo photo photo photo photo

(ほとんどがFA100/3.5。望遠でもちゃんと好みの写真が撮れることが分かった。)


ボツ写真の中から2枚復活。2枚目はババの瞬間。ごめんね>ニケ。

photo photo

01/04●子ネコと絡みneko

子ネコは葉っぱなどを追いかけてよく駆け回る。それに刺激されるのか、ほかのネコもかなりジャレまわる。シャッターチャンスだらけ。

photo photo photo photo photo photo

(ずっとスランプだと思っていたが、私だけの問題ではないようだ。このネコたちと比べたら、いまの方南町ネコは面白いことしてくれないし、さらに一緒に写しこむべきモノがない。)(いいネコ写真撮りたかったら、遠出せねばならぬか。過去の方南町ではこんな問題なかったのに。)

01/04●クロネコびいきneko

黒いの大好き。目が黄色くて素敵。砂遊びはババの瞬間。

photo photo photo photo photo

01/04●長源寺+その他のスナップphoto

散歩してたら天気雨に降られて散々な目に。

photo photo photo photo photo photo photo

最後のは、FA100/3.5でISO 800のF3.5 s1/20。手持ちでよくがんばった>自分。

[calender]

2005年01月05日(水)

01/05●tim burton[batman]review

(TV放送版(1月1日深夜)。東京では放送してなかった。名古屋オンリーか。)

このうえなく退屈。ほんとにバートンか? 話の筋運び・演技・映像・音楽、どれ1つとしていいところがない。ヒロイン(記者兼カメラマン:ブサイク)とボンボン(バットマンの正体)がなぜ恋に落ちるのか理解できないし、そもそもこのボンボンがなぜバットマンなのか、ちいとも納得できない。ガマンして見ていたが、15分残したところで投げ出した。なんなんだ、取ってつけたかのようなあの幼少時のエピソードは。

(余談:Princeの音楽は、ほんの遊びで流れるだけだった。)

スパイダーマンは良くできてたんだなあと感心しなおしてしまった。

01/05●gillette m3 power(ジレットパワー)はたしかに凄いreview

公式(音うるさい)|ファン解説?

年末に父親が買ってきた。電池を用い「ブルブル震えてヒゲを立たせて剃る」。これが実際めちゃくちゃよく剃れる。剃った後の皮膚負けも少ない。感動的。

東京自宅の髭剃りもこれに替えよう…と思うが、このあいだシックの替え刃10セット買ったところだ。数ヵ月後だな。トホホ。レンタルサーバーの件といい…

01/05●ネコ大集合2 集合写真@愛知 祖母宅となりneko

今日も撮影。これで心残りなし。

みんな大好き室外機。

photo photo

並んで。

photo photo photo

photo photo

(なお、ミケとあわせて400枚。昨日と合計して1000枚。帰京後確認してさすがに笑った。)

01/05●かわいいミケ@実家すぐ裏neko

先述のおばあさんが餌やっているらしきほう。

photo photo

photo photo photo photo

目つき、なんとなくゆうこりんを思い出すのはなぜか。−−ファンじゃないから何優子だったか思いだせん。ああ小倉か。

01/05●帰京

名古屋⇔東京:のぞみ10980円、1時間30分。ひかり10750円、1時間55分。やっぱのぞみだね。

[calender]

2005年01月06日(木)

01/06●存在証明を 鳴らせ サイレン、サイレン!体調

(c)ASIAN KUNG-FU GENERATION

5日晩に帰京しました。

11月から自炊継続中。えらいぞ>自分。

2日連続、スーパーのレジで清算中に発作を起こしてます。動悸+顔面神経痛+自殺願望。薬の追加摂取で収まるから、私の鬱病なんて楽なもんだが。

(わたしの心理に死にたい気持ちはないし、前後の脈絡もないので、発作だとすぐ分かる。)

[calender]

2005年01月07日(金)

なぜかアニメな1日。

01/07●ひさびさ風邪

せっかく晴れなのに寝てました。この2日のレジ動悸は、風邪の前症状によって脳内混乱していたのかな。もう直りました。

01/07●NHK:おじゃる丸[牛、来る]北島三郎[詠人]review][music

公式

牛がおじゃるを思う気持ちも切ないが、それに応えておじゃるが牛にプリンを食べさせようとするのが さらにたまらぬ。

おじゃるはたまに良作をやるから、気が付いたときは見ている。−−最初はおじゃるのわがままさ加減にイライラしたのだが、最近はかわいいと思うようになったのだから、戦略にハメられている。−−声優もみなすごくいい。

キスケとアカネが実にかわいい。もちろんアオベエも。


主題歌(北島三郎[詠人])も異様なくらい傑作。力強い演歌でありながらポップの極み。「まったりな、急がす焦らず まいろうか」。人生の大目標。

01/07●NHK:忍たま乱太郎comic

公式

ついでで見ている。特別に面白いことはないが、なんとなく和む。

霧丸の小銭儲け根性がお気に入り。

これのはじめの歌にも元気付けられている。

がっかりして メソメソして どうしたんだい?
太陽みたいに笑う 君はどこだい?

そうさ 100%勇気 がんばるしかないさ

01/07●NHK:魔法少女隊アルスcomic

公式|NHK天才ビットくん 金曜アニメ枠

総集編で4ついっぺんに見た(21〜24話)。

洋物アニメを見るような、ちょっとした不思議な違和感。キャラの顔の造り、色の塗り、イマイチな立体感。話も妙に走り気味。間がない。−−公式Webによると、ANIMATRIXなぞ作ったところらしい。

でも面白かった。

なにせ21話なもので、いきなり「魔法世界が崩壊する」という物語後半テーマに直面した。それぞれのキャラの驚き具合と対応が面白い。主人公3人(アルス・シーラ・エバ)それぞれに別の苦悩があり、別の立ち直りがある。エバの内部葛藤における「お前は今 絶望の淵にいる」「その淵から見えた光を忘れるな」がモラトリアム自分にグっとくる。

声優陣は[おじゃる丸][カスミン]ほどの安定感はないが、下記のメトロポリスよりは格段にいい。残りの放送は見よう。


まんなかで、ビットくんの少女バンドの演奏がある。歌はどうでもいいが、Webによるとプロデューサーが岡田徹(ムーンライダーズ)であった。

01/07●りんたろう+大友克弘[METROPOLIS](メトロポリス)comic

(TV放送版。2001年製作。なお私は原作マンガは読んでいない。)

はじめから最後まで、いろんな違和感を感じながら終わった。大きくは2つ。

手塚キャラの違和感
手塚マンガ自体、スターシステムでキャラがかなり記号化されている。だからこう扱われてもヘンじゃないはずなのに、そこはかとなく違和感を感じる。なぜかな? 原因不明。
アニメ部とCG部の違和感
CG綺麗だし動きも悪くないんだが、アニメ部との合成違和感が酷い。空気感なし、遠近感なし。妙に硬い。2001年だとこんなものかな。

ヒゲオヤジはいい。鷲顔のレッドもいい。脇役のアブラハムやランプはいい。でも、ケンイチとロックがダメだ。ケンイチはもっと子供じゃなきゃいけないし、ロックはもっと大人じゃなきゃいけない気がしてならぬ。

それ以前に。役者として、ケンイチがイモ過ぎる。声優だけの問題じゃなくて、アニメもダメ。ポーズが悪い、動きがモタる、言葉が響かない。どうしてこんなヘタクソなのだろう。

ロックの父への偏愛はなかなかよかったが、そうであるなら、やっぱりもっと大人のロックであって欲しかった。

ロボットたちは悪くなかった。とくにペロ警部。浦沢[PLUTE]とは違って、ストレートに手塚キャラをアニメ化していて、けっこうグっとくる。

暴動で倒されるロボットたちを見ていると、どうしてもロビタの集団自殺を思い出す。「ロビタや、帰って来ておくれ!」


雪のシーンでは「たぶん技術陣はここ自慢なんだろうな」とか思ったり。ティナ覚醒後の救いのなさは「脚本家はいま悦にいってるんだろうな」とか思ったり。

[calender]

2005年01月09日(日)

01/09●正月 実家の小物|干支|トリスおじさんphoto

photo photo photo

干支は、新宿あけぼのの「2004餅」「2005餅」それぞれのオマケ小物。

トリスおじさんは酒屋でもらったそうな。斜めのところだとトテトテと歩く。かわいい。

01/09●ふくろう+カメ|イヌ|おさかな|バンザイペンギン|埴輪イヌphoto

興が乗ったので、もう手当たりしだい。埴輪イヌは国立博物館の土産。ほかのはもらい物やら縁日やら。バンザイペンギン3匹セット、かわいいな。おさかな、マヌケでいい。

photo photo photo photo photo photo

バンザイぬいぐるみはパタリロ。

01/09●ネコ小物 2種+シールphoto][neko

ネコの置物は実家にあったもの。あとのは在庫。

photo photo photo photo

置物はいわれが不明だが、母はネコ嫌いなのでこういうものが実家にあるのは珍しい。

01/09●遠景2枚neko

photo photo

[calender]

2005年01月10日(月)

ひさびさマンガ喫茶。

01/10●真波プー[キノコ島の奇跡](ジャンプ読みきり)comic

かなり意図した古いタイプの絵柄。マンガ表現も古いが、そこがいい。いまどき珍しい。初期手塚を砕いて何か別のモノを混ぜた感じ。線の感じ、トーンの少なさ、キャラの造型etc。

話のつくりが丁寧。綺麗なファンタジーに、ほんのちょっとのSukosiFusigi。

主人公は、研究所の助手。熱中派、そのあまり眠るのを忘れて、逆に遅刻したり。でも温情に厚い青年。

ある日、青年と博士は、とある物質を水に混ぜると、音が一瞬物質化することを発見する。そんなさなか、島に天変地異の兆しが…

イントロの「この島がキノコ島と呼ばれていた時代のおはなし」から、メインの話を挟んで、ちゃんとオチを付けるあたり、実に好感。

これが今のジャンプに掲載されるのは奇跡に近いと思う。素晴らしい。

01/10●花沢健吾[ルサンチマン](スピリッツ)comic

google結果

screenshot

実は初期は読んでない。ただのバーチャルリアリティ上での擬似恋愛の「かわいい擬似少女」がいるだけのお話だと思ってた。−−いや、実際そうだった。ハゲデブオヤジが、高校生に戻り、現実を忘れ、擬似少女との純愛に没頭する。その対比がエグく、でも擬似少女「月子ちゃん」は心底かわいい。ただそれだけのマンガだと思っていた。

それが途中からバケた。

  • それまでアパートで2人暮らしだったのが、学校へ行きだす
  • そのころから、この擬似世界を商売にする(くいものにする)業者らの実態が見えてくる
  • 主人公タクロー、学校でモテる
  • 実はそれは後述のチンコケースなどを売るための業者の企みにすぎない(女性はnon player character)
  • 月子に嫉妬などの新しい感情が芽生える
  • ついに一線を越え、月子との性行為が
    (そのために高価なチンコ体感ケースを買い込んだり全身スーツを借りたりする情けない描画あり)
  • このころ、擬似世界に青年革命家が現る
  • 月子はnon player charaなのに自我を持つ、特殊な存在となっている
  • その青年革命家は、月子が《特殊ユニットmoon》だと気づく
  • 主人公タクローに、現実世界に恋人ができる
  • タクローは擬似世界から足を洗うことを決意
  • それと同時に、革命家が月子を奪還
  • 月子(擬似の住民)に《現実》を見せる
  • そこには現実の恋人と睦み会うタクローが
  • 月子怒り、自らの意思でタクローのケータイに直接アクセス

革命家の口車に乗り、タクローを取り戻すためと信じ、月子は現実を操作しはじめる。タクローを擬似世界に《生成》(クローン?)するため、その細胞(髪の毛)を手に入れるべく、AIBO的ロボを操り、また信号をすべて赤にし、タクローを追い詰める。恋人のケータイへもアクセス、宣戦布告。ありとあらゆる機械が月子の支配のもとに置かれる。

−−さあ面白くなってきました。

(余談:いまgoogleするまで、わたしは「ルンチン」と覚えていた…あいかわらずカタカナ倒置は止まらない。)

01/10●田辺イエロウ[結界師]56話[最後の称賛](サンデー)comic

サンデー公式前の感想

screenshot

前の感想を書いたときより、マンガの魅力は圧倒的に高くなっている。物語の練り込みがよくなったし、絵もキャラ魅力もよくなった。

今回は、番外編的エピソード。これが実に良くできていて、泣ける。

  • はっと気が付いたら、先生の肩にクロネコの霊がついている
  • 主人公、なにげなく聞き出そうとするが、なかなかチャンスがない
  • 「俺クロネコ飼おうと思ってるんですけど」など変な相談をして、不思議がられる
  • 中盤をすぎて、ようやく先生が口を開く
  • 「そういえば、花壇の裏に遊びに来るクロネコがいて、先生もそいつをホメまくって、ようやく友達になったんだよ」
  • 数ページ後、職員仲間によって、先生はそのクロネコの死を知る

ここで2pを使って回想シーン。

出会い。無愛想なクロネコ。一方的にお世辞(賛辞)を言う先生。「うん、実にいい黒だ」「しっぽの形なんか完璧だな」。何日も何日もかけて、少しずつ口説いていく。

2p目に、ついにネコが先生に近寄る。「お、君との距離もいよいよ5cmか。どうだ、ここいらで一気にひざの上なんかへ…」ここで現実シーン。先生、懐かしむ複雑な表情。肩には霊魂のネコ。そして書き文字。“おい待て、痛ッ! なんで肩の上に乗るんだよ…”フキダシには実セリフ「そうか…」。−−この寂しげな表情に胸が締め付けられる。

ふと気が付くと、花壇にスズメが落ちている。先生は直感的に、それがクロネコ(先生が付けた名はノワール)が最後に残した戦利品だと気づく。−−2p目も終わり、ページをめくると…

「そうかあ、やるなあノワール」としみじみ呟く。すると、ノワールは成仏する。

主人公は、自分がちょっかいを出さずに自然に成仏したことを、心から喜ぶ。

いいマンガでございました。

(今のいまままで田辺エイロウだと思っていた。倒置果てなし。)

01/10●インクレディブルをなぜ見たくないのか

新宿大看板でみたインクレディブルは魅力的で、とくにヴァイオレットがかわいいんだが…理由分かった、わたしこの奥さんが好きでないんだ。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2005年1月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
inserted by FC2 system