【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年10月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年10月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年10月02日(月)

木曜日に親知らずを抜いた。それで体力を使い切ったかのよう。 金・土とずっと37.5度。だるい。

10/02●購入:M35mmF2(M35/2.0)photo

*istD+M35/2.0

photo photo photo

前玉端に微妙にカビあり。先週14kだったのが11kになっていたので購入。前にFA35/2ALを持っていたわけだが、当時は妙なくらいに広角ファンで、1ヶ月ほどで手放してしまった。

今回35を買ったのは、風景用お散歩レンズを1つ仕込もうと思ったため。いま手元に24m・50mmしかない。28/2.0と非常に悩んだが、DA16-45で20・24・28・35・50と比べて撮影し、妥当に35mmにする。


試写の段階から分かっていたが、妙なくらいに色が強く出る。ペンタではちょっと珍しいのではないかな。

あと、ネットでの先人の評判どおり、輪郭強調も強い。等倍データで見ると、人物などの周りにヘンなオーラが出ているのが分かる。こりゃ状況では2線ボケも出ようて。

でも、クセのあるレンズは好きだ。

10/02●試写:A28/2|キロンKiron28/2|懐かしきFAJ18-35photo

photo photo photo

キロンは微妙に安くてよかったが、ピントリングの方向がペンタと逆。

FAJ18-35はペンタフォーラムにて。改めて。いいレンズだなこれ。*istD発売時に2chなどで「解像度が足りない」etcいろいろ文句を言われていたし、実際「素晴らしい描画」とはいえないが、あの廉価でこの描画なら、ぜんぜん文句ないだろう。−−もっとも遠景がぼやけるのが辛いところだが。

そもそも あの時代に 135フル対応のまま18mmズームで最短28cm(うろおぼえ)なんて、よく作れたものだと思う。たまに中古で8000円くらいで見かける。なんど買おうと思ったことか。

10/02●おじゃる丸[ほしまつり]comic

photo

ほしまつり の祭典イベントの優勝商品は、「星に願いを掛ける」権利。 おかめ姫が その権利を勝ち取った。 願いは。

「おじゃるさまが、これからも毎日プリンを食べられますように」

なぜって。おじゃるさまがプリンを食べているときの笑顔が好きだから。

自分に関する願いじゃなかったことに うかつにも感動して 涙をぼろぼろ流してしまった。涙腺ゆるい。

10/02●ついでに新宿ヨドへ

店内に、ソニーα100で撮影したデータの おおのばしプリントが貼ってある。

これがまあ。 どれもこれも不自然なくらいに彩度が高い。 お花畑が、自然じゃなくてナイロンみたい。

ソニーもそれを理解しているのか、 ある写真は熱帯魚が夜空を飛んでいる合成写真(多重露光?)だった。 ようは現実味があまりないのだ>α100

これに比べると。ペンタM35/2.0が色が濃いといっても、やっぱりペンタかな。


ちなみにプリントにはニコンD2xもあった。 ポートレートばっか。 なぜこのカメラでポートレートか。スポーツ報道こそニコン1桁じゃないのか。

10/02●蛯原さん

最近街中で蛯原さんのポスター大延ばしを見かけるので なんとなく見つめてみたら。

髪の毛が汚い。ボロボロやんけこれ。 カメラマンとメイクさん、隠すように撮ってよ。 艶つやに撮ってよ。それが仕事だろうに。

顔は、化粧が濃すぎて、写真じゃなくて絵みたい。 実際、フォトショップで相当塗ったと思う。

…これだったら、プロカメラマンいらないじゃん。 てきとーに撮影して、あとはCG屋に任せばいい。

これじゃ写真がつまらないよ。

10/02●昨日から突発的に欲しくて、でも買わないもの:フジGA645photo

サイト1サイト2サイト3

screenshot

35mmフィルムじゃなくて、645の中版フィルムを使った、なんとAFコンパクトカメラ。 コンパクトといってもでかい。860g。だが、中版としてはとんでもなく小さい。たかだが35mm一眼のプロ用程度。

コンパクトだから、レンズ一体型。ファインダーも一眼じゃくスルー。 でも、絞り優先で撮れる。 中古で5万円ほど。

…買って、1回だけ645のポジで撮影して、現像だけして、 ポジを眺めてにへらにへらしたい。

しないけどさ。645のポジ、12枚撮りで700円くらい。現像もそれくらい。わたしゃデジタル一眼で1時間に400枚撮影するのだ。

…ペンタの初代645のボディが2.5万。シャッター音が気持ちいいから、インテリアでボディだけ買おうかなあ。


今日お店で見てきた。魅惑的な商品。マミヤ7もいいねえ。んでもこちらは中古で9万だったか12万だったか。レンジファインダーだし。

[calender]

2006年10月03日(火)

10/03●赤い車:赤いポスト+ブックオフ:黒い車:赤い壁:denonphoto

*istD+M35/2.0

photo photo photo photo photo photo

やはり色が濃くて気持ちいい。ハイライトへの階調がちょっと飛んでいるような気がして、でも白トビはしていない。この仕上がりが、なんとなくネガ紙焼きっぽい。

昨日今日で分かったこと。このレンズは、中景を撮影して、その際に手前に広がりを持たせて、積極的に前ボケを出してやると綺麗になる。

10/03●鼻ポチのブチneko

*istD+M35/2.0

photo photo photo photo

この子の撮影は初めてかな???

10/03●商店街40周年|ケータイ少年photo

*istD+M50/1.4

photo photo photo

方南町の商店街組合の40周年。春は青色。9月のお祭り終了後に赤色になる。夜に組合の各店のおっちゃんらが付け替えていた。

ケータイ。理屈としてものすごくいい写真だと思うが、なにかに納得できない。でもま、いちおう掲載。

10/03●光画部セオリー(究極超人あ〜る)photo][comic

screenshot

「トライXで万全」−−そうか、とさか先輩も写真部(光画部)としての活動、してたんだ。

本作の連載はわたしが小学生のとき(20年前?)。当時大好きだったのだが。いま読むとちっとも面白くない。マンガはうまいと思うのだが。テンポが合わない。時代の変化って怖いな。

で、まあ。「世の中おしなべて1/3」「逆光は勝利」「頭上の空白は敵」はけっこういいセオリーだと思う。世の中おしなべて18%グレー。

(ちなみに、「R田中一郎」のRの意味を知ったのは、連載から10年後、大学生のころだ。読者の大半は、いまだに知らぬのではないだろうか。そんな私はRダニール。いえ、イライジャ、なんでもありません。)

[calender]

2006年10月04日(水)

10/04●grapevine+taiji all star band@横浜ブリッツmusic

grapevineはいつも安定して巧い。今回は選曲が初期名曲→新single→2つ前アルバム→新single→最新アルバム、と織り交ぜ方がよい。

アニキが珍しく黒のレスポールを持っていた。田中はんは例によってSG→ムスタング。ベースのひとが付き合ってムスタングベースを出してきたのがほほえましい。

photo photo

タイジさん(シアターブルックのギター)はスリーピースバンドなのに、ギターが圧倒的に巧くて、1人とは思えないほどバリエーション豊かに音を鳴らす。リフ1つ弾くだけで、指使いと足使い(エフェクター切り替え:ショートディレイとワウ)が絶妙で、恐ろしくかっこいい。ドラムの椎名さんも、いい具合にゆったりと叩き、アドリブも軽妙で、ユレ16のR&Bが綺麗にハマる。

典型R&Bリフ=2小節ループで1小節目の頭だけに音が鳴るタイプ、のリフをゆったりと演奏しながら、ギター無音部分(2小節目)でボチボチとMCを入れていくスタイルを採用。音楽にも時間にも無駄がない。Zappaみたいで嬉しい。

ただ、ゲストの女性ボーカルの選びかたが私の趣味でないのが残念。

10/04●MPEG2の音声部分をmp3として取り出すmusic

前振り:録画した[ゆうがたクインテット]をmp3 CD-R化したいが、変換方法が分からない。「mpeg2 mp3 変換」「mpeg2 音声 抜き出し」などとググるが、どうしても逆向きの変換の話やDVDリッピングしか出てこない。

本題:知人のhさんが便利なコマンドラインツールを紹介してくれた。→ffmpeg。mpegなんでも変換ソフト。youtube用にflashにしたり、ケイタイ向けにしたり、ゲーム機用にしたり。

助かりました。

(余談:増井さんが「グーグル検索よりも人間の知恵を終結したほうがいい情報が得られる」てな話をどこかで書いていたが、ほんとそんな感じ。そのときは「本棚.orgで萌系の本棚を複数比較して抽出した結果、“萌え”に必須本としてカーニハン[プログラム言語C]という結論が出た」なんてことも言っていたが。)

[calender]

2006年10月05日(木)

10/05●平野耕太[ヘルシング]8巻comic

少年画報社1998〜|12〜45〜78hellsing卿

screenshot

‖全体

アーカードが過去に飲み込んだものを《吐き出す》シーンが強烈。この広く細かいモブは、この作者のことだから、ロードオブザリングを観て描きたくなったのかな。

1巻から続いたアンデルセン神父との戦いが、今回で一線を越える。その段階で、アーカードが不死者(ノスフェラトゥ)としての述懐を述べるのがいい。《人間》に対するその優しい目と、《奇跡の残骸》に対する悲しみと怒りが、アーカードの感情表現としては珍しく、また心に突き刺さる。

photo photo

アーカードの《吐き出し》に伴って、今回は各人物の過去がちろちろと描かれる。ワラキア公、素敵だ。そして、あの《少佐》だっけ、戦争マニア、あれもまたノスフェラトゥなのかな????

‖個別

ひさびさに、インテグラ卿がアーカードに命令を下すシーンが描かれる。「わが奴隷よ、命令を下す。殲滅せよ。見敵必殺!」おおおおお、ひさしぶり。このときのアーカードの狂った目が、上記の《人間》に対する優しい目と非常に対比的でグー。

婦警は「セラス」と呼んでもらえるようになった。よかったね。かわいい。

そうそう。意外でありつつ当然の事実として。アーカードがインテグラ・ヘルシング卿を主と認めるわけは、彼女の父がアーカードの「心臓に杭を刺した」からこそなのだね。その《なんの力のない老人》であった父こそが刺し得たという事実が、今度大事なネタになっていくのだろう。

‖余談
ベルセルク31
 妙に疲れた。そろそろギブアップかな。面白いのだが。
ハチクロ10
 巻の途中で最終話を迎えるのは(6話収録の3つ目か4つ目)、プロのマンガ家としてどうかと思う。オマケつければいいってもんでもない。本編も、ものすごく整理目的の内容。
 あえていえば。無理やりにでも全員分にオチを用意したのは見事。8・9巻の混乱ぶりから考えれば奇跡的。

10/05●アスフェリカルが嫌いphoto

アスフェリカル=非球面レンズ。広角大口径レンズを小型化するときなどに大活躍。→wikipedia

でも、私はアスフェリカルのレンズが嫌い。理由は1つ。後玉が妙に小さいから。本来はマウント系内側にピッタリのサイズのはずが、直径で1/2くらい。レンズを持つときに違和感がすごいの。

気が付くと、手元にはアスフェリカルのレンズが1つもなくなった。FAJ18-35AL、DA16-45/EDAL、FA35/2ALなど、いろいろあったはずなのだが。買ってないけど、FA*24/2もALだな。なつかしのFA28-105/3.2-4.5もALか。

…ぜんぶいいレンズじゃん。AL嫌いとか言ってられないや。

[calender]

2006年10月07日(土)

今日はひさびさの晴れ。秋らしい強い日差しで、写真日和。*istD+M35/2.0一本。

10/07●子ネコがオトナになりました(オッドアイ子)neko

ネコ親子

photo photo photo photo

公園の春子ネコ。5匹いたうちの唯一の生き残り。 もう親と変わらぬ大きさになった。 でもいまだに親といっしょにいる。あまえんぼ?

例の「拾った」箱入り子ネコの3兄弟は全滅だった模様。残念。

10/07●ミケ親子@堀の内neko

photo photo photo photo

某アパートには前から住み着いている。この親は去年も見た。ただ、子がいるとは思わなかったので、正直不意を疲れた。

10/07●秋の日差し@妙法寺photo

photo photo photo photo photo

明るいが、夏と違って白飛びしない。PLフィルタなしでも、空の青と景色の両方を写せる。

しかも日差しがコロコロ変わるので、同じ場所でしばらく待っていると、かなり違う絵が撮れる。秋は写真日和。

photo photo photo photo photo photo

(青い雨戸のアパートは、スズメの大群がいたので撮影。もっとも、すぐ飛び立ったので、1匹しか写っていない。)

ちなみに、妙法寺は10月12・13日(木金)がお会式。立正は14・15日(土日)。本来は13日(日蓮さん命日)。

10/07●枯れたヒマワリ|うす紫の花photo

photo photo photo photo

ひどく個人的な話だが、この枯れたヒマワリの全体像は、いままでは撮影したくても取れなかったもの。レンズ+季節(光線)+配置、偶然すべてが整った。壁のくすみ具合、ヒマワリのくすみ具合、背景のボケ具合、白の飛びかた。すべてが好み。

[calender]

2006年10月08日(日)

10/08●面白いUI:現れては消えるキーワードreview

裏庭バナナさんが教えてくれた。 http://www.instructables.com/。 サイトはハウツーもの。

screenshot

キーワードが11個表示されているのだが。 そのキーワードが、数秒間隔で1つ黒→白にグラデーションして消えて、 次のキーワードに入れ替わる。

このUI面白い。 イヤミがなく、派手すぎず、見やすく、目を引く。 多すぎるキーワードを出されれば目に入らないし、 かといってディレクトリ的に階層化したら、とおりすがり客は探してくれない。

すごく賢いUIだと思った。 ソースを見る限りJavaScriptおんりー。

なぜかIEはこのサイトに接続自体してくれない。なんでだろ。

10/08●有頂天[学校へ行こう]music

screenshot screenshot

このたびカバーアルバムが出まして。その中の1曲。偶然ブクオフで聞く。バンドはGALLOW。本家Webでの紹介は「パーフリみたい」。うむ。ボサノバちっく+ストリングス。まあ たしかに。

‖思想表現の側面

オリジナルは1991年。わたしは高校生だった。その自分にとって、これはリアルな唄だった。

さあ学校へ行こう、テスト白紙で出そうか?
さあ学校へ行こう、ヘンなデマを流そうか?
さあ学校へ行こう、ロックバンドを組もうか?
好みのタイプの。

死にたくなりゃ屋上から飛び降りたりできるし
「辞めてやる」なんて言ったりできるし
バカな忠告聞いたふりすりゃ済むし
こここそパラダイス

さあ学校へ行こう、不自由できる自由。

誰だって、学校なんて行きたくない。ばかばかしい。めんどくさい。−−んでも、そんなことを言ってもしょうがない。だから、日常を楽しむしかない。楽しむ天才になるしかないのだ。それが凡才の仕事。

ケラは、そのことをヒネクレて教えてくれる。若すぎる思想を非常にネガティブな歌詞にして、音楽を徹底的にポジティブではじけたハイテンポのビートパンクにしたてる。ミスマッチの妙。

そして、ケラ独特の演劇的表現力のあるボーカルで聞けば、「死んでやる」「辞めてやる」なんて斜に構えた捨て台詞が、他人からしたらいかにバカバカしいかが一発で分かるのだ。−−「そんなことやってるヒマがあったら、好きな本でも読んでたほうが2.4倍はマシだ」と本能で理解できる。

(そして。不自由すらさせてもらえないという不自由、すなわち「なんでも好きなことをやってごらん」という名のゆとり教育の成果は、みなさんご存知のとおりである。学校ちゃあ、そういうことをする場所じゃないのだ。まず型を教えよ。)

‖音の側面

原作は、電話のベル音をサンプリングしたキーボードフレーズと猛烈なシンセブラスが音色として心地よい。そして16裏カッティングを的確に鳴らすオルガンと、8裏を的確に鳴らすギターが本能に気持ちよい。シウ期の有頂天としてのビートパンクの代表例と言ってもいい。

ところが。このカバー版はというと。

ボサノバちっくで、ベル音フレーズをストリングスにして、ローテンポにして、無表情のボーカルを乗せた。

基本のアイディアはカバーとしていいんじゃないかと思うが。これじゃただのトレースで、表現力がゼロだ。なによりも、ケラのコロコロかわる声だから歌詞が響いたのに、全編無表情ではなあ。

この程度では、わたしがやっている一発芸カバーと大差ない。あれは2ループほどしかやらないから成立しているんであって、フルコーラスやるもんじゃないと思う。

10/08●ある赤い萌えの終焉

近所にサミットスーパーがありましてな。ここの女性店員の制服は、ピンクの綿シャツ+赤エプロン+赤三角頭巾でね。まあ、この格好は誰がしても かわいいわけだ。

photo photo

なかに、とくに1人お気に入りのコがいましてな。痩せ型チビ+メガネ+ショートカットで、的確にこちらのツボを突いておるわけですよ。あげくに、ほっぺがちょっと赤かったり、軽く出っ歯だったり。素朴で かわいいのだな。

で、まあ。この店はバイト終了後にカウンターなどで就労スケジュールを確認したりする姿も見られるのです。

ほかのひとの素の服を見ても違和感はなかったのに。このお気に入りの子を見たら。

photo

…ただのコだったのだ。しかもショートカットではない。三角頭巾のおかげで勘違いしてた。ほっぺも赤くない。あれは服などの赤が反射していたのか。

おいちゃんは悲しくなりました。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年10月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
inserted by FC2 system