【ネコとか唄とかそんなもの。】

2005年08月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2005年8月 > >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2005年08月01日(月)

6月はSD9、7月はG1。では8月はスキャナかというとそうではなくて、「そもそも腕が…」とループ中。今月ははたしてどこに着陸するやら。アナログシンセ買ったりして。

08/01●猛烈レタッチ:より赤く! 青く! カルフォルニアに!photo

Cyber-shot T33

photo photo photo photo

ただでさえ色が激しいサイバーショットを、さらに猛烈レタッチ。こういうのも楽しい 。元絵の空も掲載。けっこう色が作れるもんだと感心。さすがに階調は跳んでるけど。

「*istDの緑被りが」とか「フィルムでG1でツァイスが」とか言ってる自分が小さく思えたり。

08/01●ボツから復活:bossヒゲneko

2005-07-23

*istD+FA77lim

photo photo

どちらも決めては「緑被りの補正」

もともと構図は好きだったんだけど、 すこーし手ブレしてるのと、 あと色が好きでなかったのね。

グレー点補正したら ぐーんとよくなった。 うーむむむ。直せるのをいいことと感じるべきか。デジタル辛いと感じるべきか。

(上書きしちゃったので、元絵はなし。とっておけばよかった。)

08/01●Suicaステーションphoto

photo photo

Suicaは常に押さえるよ。

某所によると、いまNEWDAYSでグッズ販売しているらしい。毎日出勤でJRに乗っているが、通勤時間帯だけに、NEWDAYSに立ち寄ることを一切思いつけない。新宿はヒトだらけだからなあ。

08/01●ブタ屋ぶぅphoto

photo

KERAの絵みたいだ。

08/01●モス 匠味review

photo

今日は軽い鬱屈かつ食欲異常で、 晩飯時に 家までガマンできず、モスへ行く。1年振りくらい。

はじめて匠味食べた。ちゃんと肉の味がする。 610円であの味はなかなかかと。

でも、ナイフとフォークで食べるのがヘンな感じ。

目黒店は、去年までは非匠味店だった。 会社に復帰したら、改装されており、匠味店に。

匠味を頼むと、 テーブルに専用の紙とナイフフォークが置かれる。 店員さんから「そのままだと食べにくいので、お使いください」といわれる。

アメリカンデリの店も行ったことあるので ハンバーガーをナイフフォークというのも初めてではないんだけど、 バンズをナイフで切るのは やっぱ違和感あるわー。

08/01●ソチウム→ンチウムにバージョンアップ RCR-V3photo

初期テストトラブル報告

photo photo

3度目にして1Aがまったく充電できなくなる。メーカーに相談。返品してテストしてもらう。結果、初期不良品として交換(充電器ともども)。新しいのが届いたら、実にふつうに充電できる。

パッケージ、ソチウムからンチウム(んちうむ)へバージョンアップしていた。材質も、前は金属フィルムっぽかったのが、今回はあからさまに紙っぽい。POWER VISION(OEM元?)のロゴも消えた。

[calender]

2005年08月02日(火)

08/02●予告:ティム・バートンのコープス・ブライド

公式 via 映画コム

screenshot

corpse=死体

人形アニメ。ナイトメア以来。カメラワーク、空気感、暗さ、フリーク感。どこを取ってもバートン感あふれる。すごく愉しみ。10月公開。ちなみにこっちもデップ。

(あるいみナイトメア《まんま》ではあるが。ロゴまで。)


チョコレートUSJP|USとJPでイメージがかなり違う

実は[チャーリーとチョコレート工場](邦題が変更になったんですな)が気に入らない。 サイケでヘンにあふれているが、自分がバートンに求めているものと どこかズレている。

トレイラーも最新のものは、工場の遠景も内部も、 さすがバートンだと思う。

でも。違和感として。全体に絵がすんごいあざやか。 バートンといえば《暗さ》の迫力が魅力の1つだと思うのだ。 こういうのは、[クレヨンしんちゃん]あるいはPIXARでやったほうがうまくいく気がする。

08/02●槇村さとる[おいしい関係]4巻 「もうオラは死んでもいー」comic

集英社ヤングユー1996〜|1巻2・345〜1011〜16

screenshot

百恵はコック見習(シェフと言わないあたりがヘンな気分)。 4巻で、ようやくメインシェフの脇で手伝うサブ役を許された。

疲れて帰ったある日、主人公がネコにつぶやく。

「隣で見てても 織田さんは遠いにゃー」

これが真顔で書いてあって、実にかわいかった。


4巻は非常に展開がドラマチックで。高橋薫さんのレストランは潰れてしまうし(その引き際まで美しく見事であった)、百恵は上記のとおり昇格するし、引用画像のように天国も味わうし、そしてその後 恋としても仕事としても 非常に悲しい思いをする。見事な詰め込み具合。

photo photo photo

「もうオラは死んでもいー」がかわいい。)

絵は たまに適度に手が抜かれている。でも全体の印象はとてもいい。長期連載をこなすには、この力加減が大変なのだろうと思う。

08/02●島袋光年[世紀末リーダー伝たけし!]連載再開comic

公式

3週前(4週前?)よりスーパージャンプで再連載。 3年ぶり? なにごともなかったかのように、前の続き。 絵の質までそのまんま(上達してない)のが面白い。

初期の[たけし]は稀に見るいいマンガだった。 連載のヨレで話がダメになった時期も(何度も)あるが、 少年に勇気と笑いを与える うまいマンガだと評価できる。

最後の安藤シリーズは重たすぎて、「道を踏み外したかな」と思っていた。 ようやくの軌道修正で《リーダーらしさ》を書けるようになってきたところで、 作者自身のあの事件が…

さすがに少年ジャンプへの復帰はムリでも、 無事に続きが書けるようになったのは嬉しい。

08/02●頭音:岡村靖幸[(E)namusic

彼女がねだる あの宝石より
ボクの奇跡は オーマイ リ(ト)ルガー(ル)
恥ずかしげに輝いてる
大当たりの1-1の万馬券(っいえい)

でも絶対負けないぜ 今週中の結婚までは

軽快なポップ16。 JB的スネアハネに加え、エレドラのリムでアクセント変化をつける。

コード進行は実はブルース。ベースはオールドファンク王道。 でも上モノとホーンが異様に巧みで、そしてメロディの巧みで、 上述のリズムアクセントとあいまって、パっと聴きはブルース応用とは思えない。 タワーオブパワーにも負けないファンクネス。 そしてポップの極地。

このころの岡村は凄かった。自らを天才と呼ぶ権利があった。 このあと彼は創造の壁に突き当たり、墜落(ついらく)してしまった。

「ほんとに大事なkiss」は、次はいつ販売してくれるのだろう。

[calender]

2005年08月04日(木)

08/04●mayaスタンプカード

今日は大将が会計。「あれ、まだカードつくってなかったですか」と、スタンプカードをくれる。「3回分押しておきました」と。

2週前くらいから、大将は私の顔を覚えたらしい。入ると笑顔で迎えてくれる。もちろんみなに笑顔だが、その中でも「このひと、また来てくれたね」の顔だと分かる。−−勘違いでもいいじゃないか、嬉しいんだもの。

ニイハオなき今、ご飯の定例はmayaになっている。少なくとも週1、多いと週3。カレーばっかり。日本をインドに!

08/04●高木盆栽美術館は去年から休館中ですが…

なんとドメインまで停止されていました。 復活の知らせはどこで知ればいいのか…悲しいです。

[calender]

2005年08月05日(金)

子ネコに遭遇したので、ひさびさに600枚撮影した。

08/05●空飛ぶ! トラネコが! 膝もとに! 乗ったよ!@ネコアパート2neko

*istD+FA77lim/DA14ED

ちっとも待たせなかったろって トラネコは 得意そうにそう言ったよ。

photo photo photo photo photo photo


先日の錆び茶器のある棚「はたしてデジで写せぬものか」と、撮り比べを試みる。その場所は、奥にネコがこてーんと数匹寝てる場所でもある。

茶器をがしがし撮影してたら、 足元で ぐにゃーと声がする。 見たら、子ネコが。トラ模様。

こいつが、ひざに乗ったり靴に乗ったり、 ひざから、なんと肩へ乗ったりしてきました。 前の公園こねこのときは 私自身が寝転がっていたからともかく、 今回は膝立座りなのに肩から腕へ! ネコすげーわ。

乗せたまま 撮影。大半がノーファインダー。ネコ撮りは やっぱ広角デジだね!

photo photo photo

低空飛行。親(後述)に向かってジャンプ!

photo photo photo

(問題の茶器は、傾向は違うが、遜色はない。ひとあんしん。)(ところが、駐車場・青壁タイルも撮り比べたが…これがぜんぜんだめ。)

08/05●子トラネコひとりあそびneko

自転車+いい顔。

photo photo

小石で遊んでいる。1人でここまで遊べるのだから、すごいと思う。私も加担して、石を転がすのを手伝う。

photo photo photo photo

08/05●たぶん親子neko

*istD+FA77lim/DA14ED

奥から 白寄り目がやって来る。こいつ、ここの住民だったのか…

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

トラ子も寄っていくし、白寄り目も熱心に毛づくろいしてやるから、ひょっとすると親なのかもしれない。まあ、共同ネコ棲家だから、みな(ヒトもネコも)で育てているのだとは思うが。


子トラ。しっぽが長くて、しっぽの表情が豊かだった。

体をなぜても、公園子ネコとは異なり、はかない感じがしない。成長が進んでいるからか、それとも栄養がいいのか。やっぱ公園子ネコは危ないかなあ(悲しいがどうにもならん:2匹いたのに、すでに1匹見当たらないし)。

でも、この子も目ヤニはある。たまに盛大にクシャミをする。

ほんと 心配。心配以上のことはなにもできないけど。

ただギリギリで幸いなのは、 このこはアパートで餌付けされているし、 公園のコもボランティアさんが病院連れて行ったりしてる という事実があること。方南町は町ネコの町。

もちろんノラは厳しいけど。

08/05●色配置のきれいなネコ写真+その他neko

*istD+FA77lim

photo photo

1枚目は、子トラと同じネコアパート2(旧自宅アパート近く)。偶然だが、青・黄・赤がぜんぶある。色の出方も綺麗。FA77limのいいところをうまく出せた漢字。

2枚目はネコ屋敷近く。たまに見かけるグレーくんだけど、まともに撮影できたのは初めて。

photo

これは撮影ミスで、手前のホースにピントが。でも面白いので掲載。

08/05●今日もせっせと色被り補正:DA14編

2004-12-13

photo photo photo photo photo photo photo photo

去年の写真。撮影時はかなり好きだったが、あとで気に入らなくなって、去年のベストセレクションからは外した。

ためしに色被りを治してみたら。やっぱいいじゃないの、これ。

ちなみに この日は青被りも酷い。既存写真をいろいろ調べたけれども。ひょっとするとDA14ってなにかと被りやすい?

08/05●頭音:爆風スランプ[えらいこっちゃ]music

きっと ぶったまげる ぜ!
きっと ぶったまげる ぜ!

ダイナマイトベース! 江川ほーじん!
ダイナマイトベース! 
ちきゅうのへいわをまもるため
やってきた やってきた


12inchシングルのみの曲。ライブ定番曲で、ソロをまわしながらのバンド紹介ファンクブルース。 ベースもギターも異常にカッコいい。ギターは、他人紹介時はカッティングだが、自分紹介時は歌に被せるカウンターフレーズを弾いたりと、「パッパラーってバカにできないギタリストだったんだ」と感心(ちょっと失礼かな)。

スタジオ録音したのは1stと2ndのあいだ、かな。ちと歴史確認はしきれない。

江川ほーじんは、爆風後もこのフレーズを自分のテーマにしてるくらい、 入魂のフレーズを弾いてます。

1stと2ndのバラエティのよさ、ポップとハードの同居、そして隠しプログレとか、爆風スランプは「お茶の間ロック」でありながらも すごかったと思うのですよ。1stでは[すいか]、2ndでは[赤くてでっかいで東京タワー]がすさまじくレベル高い。ポップロックとしても、2ndの[美人天国][誰か早く私抱きしめて愛してるってささやいて]とか、素敵なのになあ。3rdのバラード[どれほど泳いだろ 流れる雲と]とか凄いのに。 (でも曲名思い出せないや。)

それがなんで、すかすかのリズムの歌謡ロックrunnerなんぞをやらねばならなかったのかなあ。

[calender]

2005年08月07日(日)

今日はCyber-shot T33のこの1週間くらいのまとめ。

08/07●立体的なスナップphoto

T33|*istD+FA77lim

photo photo

人物の配置がいいのと、ウェストレベルで適度に低く撮影しているのが成功のもとか。−−なお、T33だといつもいいわけではなく、これは200枚に1枚の絵。

対比で乗せたFA77の絵は、あいかわらず平坦。ボケによる被写界の強調はこっちのほうが数段上のはずなのだが。まずはしゃがんで撮影してみっかな。

08/07●目黒駅の落書きphoto

photo photo

どこにでも この手の落書きがあるのはなぜだろう。そんなにみなが忍び込むものだろうか。

撮影結果を見てびっくりしたが、色合いもシャープ度もえらく綺麗だ。いつもこんだけ写るなら、一眼もG1もいらないや。

08/07●おかっぱ萌えcomic

photo photo

自分がおかっぱ萌えだと気がついた。 [ムヒョとロージーの魔法律事務所]より。

[ピアノの森]の誉子お嬢様も おかっぱだから応援してたりして。 あ、ラブロマのねぎちゃんもおかっぱ? いや、これはショートであって、おかっぱではないか。

photo photo

08/07●John Mayallかっこええなーmusic

公式

寄せ集めでいろいろ聞いている。ブルース。音色、歌、リズム。ギターソロのフレーズ、歌との掛け合いギターやハーモニカ、ドラムの暴れ具合、オルガン、なにもかもがブルース。リズムブルースもある。新しい録音もあるから聞きやすい。惚れ惚れ。

問題は、ちゃんとアルバム買うとしたら、どれを買えばいいのか分からぬということだ−−前後文脈から読み取れる状況へのツッコミは無粋よ>みなさま。

[calender]

2005年08月08日(月)

極度の頭痛と鬱で有休。実は2週前の金曜日から調子がおかしい。マンガ喫茶で安楽にマンガを読んでいるのに、消滅願望で身動きが取れなくなったり。

嘔吐感のあるまま、この数日悩んでいた問題にケリをつけるために新宿マップカメラへ。

08/08●ごめんなさいDA14売却 使いこなせませんでした。photo

でも、ボロボロになるまで使った。それは自慢していいと思う。−−当たりは200枚に1枚程度。外れのときの外れ具合があまりにあまり。超広角(21mm相当)、難しすぎ。

photo photo photo

最後の撮影は、凡作3つ。なんの意味もない室内テスト。でも、スリッパは感動的な写り。中サイズのブツを撮らせたら天下一品のレンズだった。


「35kなら売ろう」と査定してもらい、結果39k。半年間ありがとう。お世話になりました。

あとはFA100/3.5が8.4k、Sonnar90が9.2k。どちらもまずまず。この2本は、FA77limがあるので不要になったため売却。

合計5万6600円。こんげつのりんじしゅうにゅう(お盆の帰省で相殺)。

08/08●今後の課題

DA18-55を“間に合わせ”で購入するか検討したが、55mm側(F5.6)のファインダー上の像を見て、即座に中止。ピントがわかりゃしない。こんなレンズはイヤだ。

FA20/2.8の中古に出会うのを待ち、しばらくはsig24と2本体制。−−DA17/2.8希望>ペンタのなかのヒト。

あとはG1本体をどうするか…だな。何度も試しているが、ファインダーで像を確認できないことがいつまでも尾をひき、撮影意欲の向上につながらない。

ならばいっそのことSilvi F2.8でも買おうかと検討中。広角24mmでF2.8、0.35m接写、中古18k。まあ、泥沼だ。コンパクトカメラは高速シャッターが切れないので…

[calender]

2005年08月10日(水)

08/10●今日知ったスジャータの本拠地review

スジャータ会社情報2005-06-18

photo photo

スジャータ=めいらく=名古屋酪農、で愛知だった。しらなんだ。 ちなみにPCパーツのメルコ/バッファローも名古屋。

キッコロモリゾーのフレッシュはスジャータ製。 愛知万博協賛製品。

そんなことを同僚に話したら、「愛知のメーカー?」と聞かれた。 はじめて調べた。

2003年11月に名古屋大須でスジャータまつりというのを見たが、 これもバックにめいらくがいるのだろうか?

photo

大須公式のスジャータまつり紹介 によると、いちおう商店街主催のようだけど…

08/10●今日知った三井の新タワー@日本橋、そして三井美術館

screenshot

ああ、先日はなしていたのはコレか…施工中から撮影どうこういっていたからな。なるほど、日本銀行の隣だ。三越の隣でもある。

アトリウムも楽しめそう。

screenshot

美術館もできる。知らなかったけど、中野に三井文庫なる名美術館があったのだな。再発、期待。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2005年8月 > >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
inserted by FC2 system