【ネコとか唄とかそんなもの。】

2008年06月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2008年6月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2008年06月01日(日)

20巻は8月22日に発売されました。

06/01●鋼の錬金術師20巻相当分:蟻のひと噛みcomic

1〜4 5〜8 9 10 11 12+13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26・27人形アル 7つの大罪 ネコ カバー裏 錬丹術!

screenshot

‖2008年1月発売号:蟻のひと噛み

マルコーかっこええ! 真剣に驚いた。−−3巻の登場人物を(4巻か?)ここまで無理なく再登場させ、しかも決着をつけさせるとは。すげえな>荒川さん。物語がちゃんと閉じてゆく快感を味わえる。ほんとに30巻には完結しそうだ。

しかも、まさにタイトルどおり《蟻のひと噛み》。昔のリンのセリフどおり「人間なめんなよ」であり、本作のテーマ「都合のよい奇跡なんてない、だからこそ努力分は対価が得られる」でもある。

…そうなのだ、《伝説上の賢者の石》は、やはり実際には存在しない。同じ名前の 似たようなモノがあるだけで、壮絶な対価の前払いが必要なわりに、実際には無限練成もできないし、永遠ですらない。


何度も書くが、キンブリーの《職業軍人》っぷりも、ほんとに素晴らしい。


ウロボロスは7人いたわけだが、ラスト・グラトニーに続いてXXXX(伏せ)まで滅。グラトニー分は《お父様》に戻っているが、ほかの2人の分は完全に消滅したわけだ。あのぶんのエネルギーってのはどこに飛んでゆくのだろう?

んで、すっかり出てこないが、新グリードはどうなった。新グリード誕生が14巻か…かなーり昔に感じるな。リンに会いたいなあ。

‖2008年2月発売号

メモ:エンヴィーによるメイへの心理攻撃

てか おとうさんまだリオールにいたの?

‖2008年3月売り号

リオールの《人の心》の復興っぷりに感動。テーゼ「神の奇跡なんかない、奇跡は普通の人間が起こす」を深く思う。

ここでアルがはじめて父と会い、ややあって心が通じる。物語の始まりの街リオールで、まさに最終章が始まるわけだ。かっこいいなあ。

後半、エドが病院から復活。ひさびさに純粋にかっこいいエドを見た気がする。


今月号(4月号ね)に19巻の宣伝が載っていた。通常だと5話で1冊っぽいので5月売りまで、か。

‖2008年4月発売号:強欲

「その方法があったか!」の展開。そうよね、グリードは グリードでありながら かつてのグリードでもないし、リンでもないし、でもグリードなのね。

ホーエンハイムとアルの邂逅から話が出会い、グリードと かつての部下との邂逅から話が出会い、過去のエピソードとエピソードが絡まって、きれいにきれいに新しい方向を紡いでいく。破綻がなさ過ぎるとつまらなかったりしそうなものだが、こいつはとてもとてもいい。

‖2008年5月発売号:伝言

扉タイトルがなくて、最終ページの下1/4段くらいでタイトルと「予告文」が載る。内容も、ここまでの伏線を消化しきって、最終章と思われる舞台へ動く。−−ちうわけで、単行本の区切りもここだと思われる。

なつかしの人物や なつかしのセリフがいくつか登場して、嬉しくなったりワクワクしたり。


ごく珍しく 明示的に期間が飛ぶわけだが、その間にエドはホーエンハイムと会ったのかな? ああ、アレがこうだから会えないのか。アルは少佐と合流はしたのかな。まあ、そのへんは次の号から。

[calender]

2008年06月06日(金)

06/06●知らぬ間にVSTi/FXな時代だったmusic

ついにQY-70の電卓キーボードがほとんど壊れまして。「んじゃあPC上DAWを検討するか…」と消極的に勉強しはじめて。

驚く。いま、MIDIコントロールキーボード(音源なし)を買うと、もれなくDAW/DTMや音源の簡易版が付いてくるのね。−−YAMAHAはCubase系KORGはLive系RolandがSONAR系

しかも時代はVST plug-inになっていて、ソフトを選ばず音源/エフェクターのデータが使える。−−いつから? そういえばminimoog VAについては昔にtoy1氏から聞いたような気もする。microKORG買ったころか。んだが、microKORGには こんなオマケはなかったよ。少なくともローランドは2007年11月からの模様。

ソフトの実力は分からぬので、楽器屋で鍵盤を引き比べ、Roland Edirolが圧倒的に好みだった。PC-50購入、1万4800円。手持ちのMTRをヤフオクで売却したので、ほぼ実費ゼロ。

ローランドを買うと決めたので、音色などは店頭でじっくりチェック。「すんげえ綺麗」と感心して帰宅。

ところが。簡易版は 同じソフトウェア音源でも、サンプリングが削られていたりプリセットが減らされていたり、かなり脆弱だった。−−QY-70のXG音源(拡張GM)は 驚くほどいい音(+エフェクト)だったと再確認。

このCakewake簡易パック、GMセットすらないよ。てかもうGMて意味ないのか。−−本物にはTTSというGMセットが付いている。

ドラムマシン(ZoneLoop)は1プリセット中のドラム割り当ても半分程度(たとえばキックが1・2ではなくて1しかないetc)、しかもベロシティに対応してない気がする。ソフトがなのか音色がなのか分からぬが。−−まあ簡易版だからこんなものかいな。


フリーのVSTiを試して、シンセサイズ系はわたしはほぼ満足。生音はさすがにダメで、必要なら1万くらいのパックを買おうと思う。

ソフトは。Cakewake Project5 LE(ループMIDI/DAW)は使える。体験版で試したSONY ACIDも分かる。

だが、Cakewake SONAR6 LEは…発想がわからん。シンセラックにシンセを積んだだけでは音が鳴らなくて、MIXトラックのなかにMIDIトラックとシンセトラックを積み、MIDI→シンセ→スピーカーとプラグをつなぐ必要がある。そりゃ ミキシングは厳密にはそうなんだけども、もっと楽に録音させてくれないものか。

なんにせよ 頭が古くなっているので もちっと勉強します。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2008年6月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
inserted by FC2 system