【ネコとか唄とかそんなもの。】

2006年08月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年8月 > >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2006年08月02日(水)

ギリアムの新作を見に行くが、まさかの満席。冷静に考えると、今日はレディースデイであった。

08/02●キヤノンのピクチャースタイル|5Dphoto

photo photo

定期的に起こる病気で。別のカメラに興味が出る。

(−−先月末はα7D+AF17-35/3.5Gの驚くべき描画力に腰を抜かしていた。この2つの組み合わせでのみ出る奇跡で、別のGレンズでもSweetでもNGだった。)

本日は。EOSのピクチャースタイルを試す。ボディはなんでもいいわけだが、5D+EF50/1.4USMにする。スタンダードとポートレイト。Webレビューなどを見ていたが、体験するとやっぱり驚く。あきらかに血色が違うやん! おもろいなー。

フルサイズは:
 広角レンズ選びが楽になるのが旨み。ボケは、ASP-Cでも十分だし、被写体距離と構図を組み合わせれば 同等の効果になる。もちろん原理的にはフルサイズのほうが有利だが、ボケだけが写真じゃないし。
5Dそのものは:
 ファインダー! やっぱフルはいい。MFも楽しい。ボディの操作体系もこなれていて、実に悔しい。

photophoto photophotophoto photo

あと、最大の違いはバッファー。わたしは連射速度には興味はないが、連射バッファは重要。ネコの表情を狙うと、3秒に10枚は撮りたい。*istDは4枚くらいでモタってしまう。5Dは理屈上40枚だっけか、ま、とにかく余裕。いいなあ。

08/02●秋映画でアタゴオルcomic

3D-CGだそうで。 なんでそういう余計なことをするのかな。 銀河鉄道の夜のスタッフでやればいいのに。

screenshotscreenshot

よりによってヒデコの逸話をやるのか。 「あの名作を!」。というか、 はじめてアタゴオルを見るひとには不向きな内容だし、 長年のファンにとっては大事な話だし、 選び方がまずいんでないかなあ。 なんで【玉手箱】1巻の星街の話とかの無難なのにしないんだろう。

絵は。ギルバルス様が非常にかっこいい。 それ以外は… Webアバター程度のクオリティだなあ。 せめてトロ(どこでもいっしょ)レベルにならぬものか。

んまあ いいや。許容しよう。 ヒデヨシだけは許せんが。

[calender]

2006年08月04日(金)

08/04●ギリアム[ローズ イン タイドランド]review

ウォーカー公式プロのレビュー

トレイラーで惚れ込む。ひさびさに映画館へ行く。117分==ギリアムにしては革命的な短さなのも奇跡的。3時間の映画は疲れるからなあ。

‖少女:

screenshot screenshot

トレイラーの段階で「これは新しいロリータ(キューブリック)になるのか」と感じた。といってもわたしはロリータを見てないわけだが。でも、そういうイメージ。

このローズは、子供のあどけなさと大人の妖艶を持つ。周囲に影響された結果と思われる微妙な精神常識のズレ、妄想壁、ひとりごとによる対話、笑顔、涙、恐怖、好奇心。−−基本的に本作は、このローズを見せる映画だ。

役者であるジョデル・フェルランドがものすごくいい。スチールだとあまり分からないが、ふつうにしているだけで、かなりかわいい。そのうえ、セリフまわしと表情の作りかたがとても巧く、演技の幅も圧倒的に広く、実力としても一級の女優レベルだと思う。

それを、ギリアムがネットリと広角アップで撮りまくるのだ。見ていて惚れないわけがない。

(この子は現段階ですでに映画/TV24本のベテランさんだそうな。)

‖景色:

screenshot

見渡す限りの平原。黄金色のススキのような小さな草。曲がりくねった木。大きな白い廃屋。青い空。−−圧巻される景色だ。

そのほかにも、(黄金色のススキのなかに)壊れたままひっくり返って放置された黄色いバス。線路。猛スピードで走り抜ける特急列車。

これを、ギリアムは広角で遠近強調しながら、綺麗に綺麗に撮る。美しい。

正直思った。−−日本でこうした映画を作れない理由は、景色がないことも理由の1つだろうな。もちろん探せばあるんだろうけど、土地の広さと人口からして自由度がたんないだろう。同じようなことは、[キンザザ]でも[ビッグフィッシュ]でも思った。

‖広角映像:

上記のとおり、基本的に広角で、遠近感を強調して撮影される。それがトリップ感を出している。「景色が広い」という印象を受けたが、それも実際は広角マジックの1つだと思う。

たんに絵的に強調されるだけでなく、意味のある強調。たとえば《人形頭》を鏡台の上において、その上から広角遠近で撮影することによって、《人形頭》とローズの頭が同じ程度のサイズで写る。この状態で、2人は会話をする。十分に頭をかき回されたあと、ローズの手がにょきっと伸び、ドアップになって画面に迫り、《人形頭》をつかんで手元に引き寄せる。すると遠近が普通になる。こういう効果をきちんとやっている。

‖ライティング:

ライティング(照明変化)が恐ろしく繊細。平常のシーンでも色がとても綺麗に出ている撮影なのだが、ただ同じシーンを写すのではなく、細かく照明を変化させて、その色合いを複雑に変えている。

たとえば、ローズがおばあちゃん宅のクローゼットを発見するシーン。暗闇。当然、撮影用照明があたっていて、見せたい部分は見えるようになっている。カメラの移動とともに、照明も当然変化する。すると、見えていないところが次々と見えてくる。

それだけでなく、ローズは手に懐中電灯を持っている。これがランダムに周りを照らすことで、架けられた衣服の模様が次々と見えてくる。

その全部の総合が、きちんと計算されたのだと思わせるほど、とても効果的なのだ。

すげーなギリアム。

‖物語:

えー。突っ走り続けで、どこで止まってくれるのか分からぬ映画。とはいえ、[ブラジル]のように時間軸や現実・虚構が入り混じるような複雑なものではない。軸は分かる。ただ、その軸がもう。もう。

ストーリーが悪いわけでもないわけでもありません。いい映画です。ただ、ストーリーがどうこう という映画ではないです。

ただ、あえていうと。「ギリアム版アリスinワンダーランド」のキャッチコピーは92%意味がありません。

(原作の小説が先にあり、ギリアムがそれに惚れたそうで。といっても、どれくらい原作のイメージがあるんだかは保障できない)

‖登場人物:

極端に少ない。ええと、父母、本人、デル、ディケンズ。あと《人形頭》。

この全員が精神的にも肉体的にもどこかイカれている。まともな人間が1人もでてこない。相対的にローズが常識的に見えるくらい。

一般論として、本物のキチガイは、外から見ると一見常識人なのに、どこか1つ2つネジが外れていて、だからこそ違和感をもたらす。ギリアムはこのことをよくわかってると思う。

08/04●見つけたチラシ|予告編

ラジニカーント:
 ひさびさの日本公開。ゴーストバスターズだそうで。この邦題のパワーもぐー。
時をかける少女:
 トレイラー・声優は最悪だが、チラシや静止画のデキはすごくいい。だが、トレイラーがあまりにデキが悪くて、いまのところ見ない。
シャガールの伝記映画:
 どうかな
スパイダーマン:
 3やるんだ。わたしは1は好きだが2はNG。まあ、続編ってこういうものだよね。

特筆すべきは。

男はそれを我慢できない:
 竹中直人監督・主演。はっきりいって最悪だ。日本人として悲しくなるくらい。日本映画のこのノリが大嫌い。というかもう、竹中は「笑いながら怒る男」などをやっていたころのパワーを少しでもいいから思い出してください。見てないけど、[さよならColor]も酷いんだろうなあ。

[calender]

2006年08月06日(日)

思うところあり、デジカメ本体の設定を今月から《コントラスト強》にする。コテコテへ。

08/06●ただ色を:sig24:多肉植物+笹塚+花+紐photo

*istD+sigma af 24/2.8 macro II 2006年8月5日(昨日)撮影

photo photo photo photo photo photo photo photo photo

いつものマンションの壁ふくめ、sig24は立派だね。なお、花などは すこしレタッチ。

余談だが、この日はF8パンフォーカス・ノンファインダーでやたらに撮影してみた。結果を見ると、T33と見た目区別が付かなくて、ちょっと悲しい。もっと広角にするか、ボケを強調するか、どっちかにしないと。−−sig28を持っていたときも同じ結論で、あのときはボケに走って正解だった。


ああ、例によってまた「なにを撮りたいのか」が分からなくなっている。

(そもそも*istD自体が6月5日いらい。ほぼ2ヶ月ぶり。)

さいきんまた50mmがわからなくなった。→あのタクマー50との素晴らしい日々を思い出せ>自分。次も試してNGだったら、あえてFA77limitedへ戻ってみる予定。色は最高。ただ、どうしてもボケが制御できなかった。

実はまた1D MarkII Nが欲しくてたまらない。あれは掛け値なしに素晴らしいカメラだ。5Dだと疑問点もあるが、1D2Nにはない。


08/06●ただ色を:M50:方南折れ看板+赤青黄photo

*istD+M50/1.4 今日撮影

photo photo photo photo photo photo photo

*istD復活5日目。ようやく焦点距離・絞り・露出補正などが飲み込めてきた。ひさびさにレタッチもするが、必要な範囲も分かるように。よかった、別のカメラ・レンズに手を出さなくて。

(当然分かっているのだが、悪い癖で、つい道具の新鮮さを求めてしまう。)

08/06●おしゃれさん+ブチ|焦げブチ@笹塚豆腐屋neko

*istD+M50/1.4 今日撮影

photo photophoto photo

絞りまくって撮ればT33とあまり変わらないようなイメージでいたが、階調の豊かさがずいぶん違ったわ。この笹塚の豆腐屋のサビた金属板、すごく綺麗ね。

08/06●恥を知れphoto

photo

つねおりなし。

ハカとクソってこんなに似てるんだね。

08/06●雑多T33:おしゃれさん・クロネコ・ネコアパートなどneko

Cyber-shot T33

photo photo photo photo photo photo

photo photo photo photo photo

photo photo photo

(メモ:T33のカウンターが2巡目。買ったのが2005-04-16なので、1年+3ヶ月。思ったより かかったな。)

[calender]

2006年08月07日(月)

08/07●デジタル一眼黎明期にKODAKはがんばった!photo

ゲテファンのハードをズキュン! 「KODAKってどんなんだっけ」とヤフオクを観てたら、いっぱいありやんの。そしたら、黎明期にずいぶんがんばった。

‖1994年:DSC420:Nikon N90のプロバックのようなタイプ。

photo

  • すげーノイジーらしい
  • 130万画素
  • MAX ISO 200
  • 焦点距離が2.6倍=APS-Hの半分=フォーサーズより小さい
‖2001年:DSC760:F5ベース一体型。

photo

ううううう。燃える。 現代では実用にならないところがすごくいい。 でかいだけにバッファーとバッテリーがふんだんで、 当時みなの憧れだったそうな。380万。

  • APS-H(1.3倍)
  • MAX ISO400。
  • 重さ、バッテリー込みで1.8kg。

記録メディアは、CFとかじゃなくて「PCカード」。 いわいるCFにゲタを履かせた状態らしい。 調べると、同時代のキヤノンのデジタル一眼もそういうタイプ。 あげくにTIFF-RAWでしか保存できない。

(いまのシリーズに落ち着く前に、D6000という実験機種があった。というか、KODAKのものをOEMで売ってた。

‖2003年:Pro 14nやPro SLR

photo

ここになれば、ボディもふつう。これはなんとNikonマウント唯一のフルサイズ。 907gという軽さだ。 (CANON 1D系は1250g、5Dが800g。)

電源を入れてからスタンバイ完了までに4秒〜20秒。レンズマッチングやらなにやらするらしい。電源を切るのにも2秒くらいかかる。すげー。そんなに古いカメラじゃないのに。

ゲテばんざい。いやゲテといっては失礼だが。いまとなっては。


ちなみに、KODAK CCD/CMOSはじゃじゃ馬だが、当たるとすごいそうだ。全般に色の鮮やかさは「さすがフィルムメーカー」と。もちろん、いまとは時代が違うけど。→dpreviewでサンプルを見られる。まずまずの仕上がり。

あと、途中からボディがあきらかにSIGMA SD系。CCD/CMOSにローパスフィルタもいれてないそうで。FOVEON関係?

‖歴史を振り返って

仕事で《まるごとPalm!》を作った2000年は、たしかにフィルム撮影だった。vol.2あたりでデジタルを実験的に使い(1Dが2001年12月発売なので、どうもD6000を使ったようだ)、そのあと2003年以降は100%が1Dsになったのだと思う(1Dsは2002年12月発売)。

(その1Dsに特有の事例が「CMOSにゴミ・ホコリが付く」。現在まで神話のように「デジタル一眼ではレンズ交換時のホコリに注意」と言われているが、あれは1Ds特有の静電気のせいであり、ほかの機種では言うほどは付かない。)

同時代の2003年9月にKISS Dと*istDが発売。ご存知のとおり、その後デジタル一眼は ものすごいイキオイで浸透した。

だからこそ。その直前までまともなデジタル一眼がなかったことがビックリだ。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2006年8月 > >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
inserted by FC2 system