【ネコとか唄とかそんなもの。】

2013年02月 16-20日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2013年2月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2013年02月20日(水)

02/20●神林長平[敵は海賊・海賊の敵]review

感想録index

読み進むにつれて面白みが増していって感動していたのだが、 ラストに達すると、 先に読み終えたtaoyさんと同じく、 ラスト1章に関しては物足りなさを覚えた。 なんというか、惜しい、あと2章くらい書いてくれたらよかったのに。


本編のなかで個人的にとくによかったのは、 ラジェンドラおよびカーリーそれぞれによる、 Ω空間について「人間に分かるように」説明する章だ。 確率存在論。 いうてみれば、プランク定数が変数の世界と思えばよいのかもしれない。

それに準じると、 今回の導入部分による“神殺し”を、 あのラスト1章では終わらせず、 Ω空間における神認識論を交えて 本当にありとあらゆる意味で神を殺したら、 より読了感がスッキリしたような気がする。

ぶっちゃけ、今のモノは“神殺し”ではなく、 ただの“宗教団体潰し”だ。

とはいえ、ラスト1章に登場した“人間からは認知できる神”を、 本文記述によればラジェンドラは認識できなかった。 ということは、神林さんとしては 「Ω空間に神はいない」ということなのかな。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2013年2月 >
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
inserted by FC2 system