【ネコとか唄とかそんなもの。】

2004年08月 01-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年8月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2004年08月01日(日)

08/01●[マッハ!!!!!!!!]後 不安症状体調

映画の日(1000円)。s10先輩に薦められた肉弾映画マッハ!!!!!!!!を見に行くto新宿東急。満席。

ただし、バンコクシーンで追加される2人の役者の演技が不満なのと、ストーリーが甘いのと、残虐シーンが多いので、耐え切れずに途中で退席。冷房がキツすぎたのかもしれない。

  • 主人公の体術そのものはカッコいい
  • 都会モノ(バンコクにいるひと)が人を騙そうとしまくるのが気に入らない

それに引き込まれ、また街の喧騒に引き込まれ、半ばパニックに。 頭ガンガン、胸ドキドキ。 休憩しようにも喫茶店はすべて満室。 紀伊国屋アドホックに寄るが、ほとんど閲覧不能。

脳が糖分を求めていることは分かっているので、 しょうがなく駅のキオスクでチョコと水を買ってパクパク。 それでだいぶ落ち着く。 しかし、電車のなかでもおかしな思想が続くので、けっきょくデパス(抗不安剤)を飲む。


映画の予告編では、HERO“英雄”スタッフの次回作LOVERS“謀”がよかった。タイトルはこんなのだが、映像の世界観(時代やら表現技法やら)は継続している。楽しみ。

HEROのDVD、安くならないかのう。

シャウシンチーの [カンフーハッスル]は、 半端に「サッカー」と絡めた予告編だったんで、 ちと疑問視。

08/01●鋼の錬金術師アル@紀伊国屋アドホックphoto

大胆なキャンペーンを張ってる。感心。多くの客(しかも多岐の客層)が写真を撮っていた。おもにケータイ。
photo photo

セリフはテープかなにかでループしている。「あ、僕に触ると兄さんが怒るよ!」という注意事項が面白い。

(他には「あ、あなたも錬金術師ですか?」「僕ってやっぱり…大きすぎる?」「錬金術で練成するには、等価交換の原則が必要なんだ」etc。)


アドホックには[ふくふくふにゃーん](講談社ビーラブコミック)が全巻あった。さすが。他にも、見たことのない版元・単行本だらけ。あそこは魔境だな。

08/01●スピッツ(1994:5th)[空の飛び方]music

screenshot

ここまでさかのぼると、演奏能力はずいぶん落ちる。パワーないし、バリエーションも少ない。

01:たまご
サビもAメロBメロも、メロそのものとコード進行が秀逸。とくにBメロ3小節目は絶品。
(手元に楽器がないのでちゃんと確認できないが、トニックGで、AメロはG-Gaug-Gsug4-Gすなわちbeatles[you won't see me]進行で、BメロはEm-Am-D#-D7かな?)
02:スパイダー
メロが綺麗で明るいポップソング。とくにサビは秀逸。
なのに歌詞がヘンタイ。「かわいい君を捕まえた|取って置きの嘘振りまいて」「地下室でうずくまるスパイダー」「だからもっと遠くまで君を奪って逃げる」。犯罪者。
07:ラズベリー|08:ヘチマの花|10:青い車
どれもサビは秀逸。でもそれ以外のメロはちょっと弱め、演奏だいぶん弱め。もったいない。

内ジャケットの天使少女の微笑が美麗。眉毛が太くてナチュラルで好印象。[三日月ロック]も同じコかな?

[calender]

2004年08月02日(月)

08/02●西森博之[道士郎でござる]comic

マンガ喫茶にて、各誌の33・34号を読む。なかでもサンデー道士郎でござる

西森氏の前作[天使な小生意気]でもそうだったが、作品中にフリーク的な超有能キャラを配置しつつも、サブキャラである“ごく普通”の少年少女に見せ場を作るのが上手いなあと感心。


今回は、ある不良+教師の策略によって、ある少女が教室内コソ泥の汚名を着せられるよう仕込まれる。その流れを、ごくなんでもない少年(フリーク“道士郎”と偶然1話でであい、ずっと狂言回し的に付き合ってきた少年)がおかしいと思い、できる範囲の勇気を持って教師に逆らい、少女を守る。

この姿が、内面のおびえや、実力不相応なのに少女に頼られてしまうことの困惑を含め、克明に描かれる。教師に逆らうことを怖く感じつつも、己の小さな正義感がそれを許さない。ごく小さな正義感なので、負けそうになる。でも、内心涙を流しながらもがんばる。−−それをドンデンガエシでフリークたる道士郎が守る。しかし、物語の主人公はあくまでも少年のほうだ。マンガ自体の主人公は道士郎であっても、このエピソードの主人公は少年。

いまの西森氏はこういうのが実に上手い。


マンガ喫茶に[B.B.Joker]がなくて残念。[紅茶王子]を読んでみようかと思う。それにしても少女マンガは数が少ない。萩尾望都に浸りたいときはどうしたらいいのか。

[calender]

2004年08月03日(火)

08/03●ASCII24

08/03●ITMedia

小寺さん:

本田さん:

08/03●ノラネコ@不動前・武蔵小山neko

武蔵小山駅前商店街のデカさ・賑わいに驚く。

ノラネコはどちらもたっぷり。こちらのニラみっぷりがたまらない。

photo photo

小ネコが3匹重なって寝ているのも見たし、ソロの白猫も2匹みた。

08/03●ニャッキ

初めてみたときは大興奮したが、その後DVDを見たり別の回を見たりして、1つも興奮できない。残念。

[calender]

2004年08月04日(水)

08/04●日本橋・三越前駅photo

日本橋の飾り。西洋風狛犬? ドラゴン?
photo photo

三越前駅の壁。こういうの大好き。
photo


今日は三越の美術展示コーナーのガレ+ドーム展を見に行く。みな値札付き。品としては、まあまあのものかな。

食事後から少しおかしかったのだが、下痢っぽく脱水してしまい、グッタリとなる。


三越の後はポケモンセンターに寄る。そしたら高島屋に臨時移動していた。チコリータのぬいぐるみを探すが、小さな硬い人形しかない。イメージに合わないので今回は却下。

[はなまるマーケット感謝祭](題名うろおぼえ)として、はなまるで紹介したいろんなお店の臨時販売所ができていた。おいしそうなのだが、下痢の今は何も買えない。

08/04●ネコ・ウサギのシール@三越neko

photo

こういう紹介写真、あまり画質がよいと著作権違反だな。

(追記8月5日:と思いながらも、Exilimではナンなので、*istDで取り直してしまった。)

[calender]

2004年08月05日(木)

08/05●シロネコ@富久町neko

写真としてはダメだが。このネコがこの場所にポツンとしていた風景は好きだ。
photo

DiMAGE Z3がネコ撮影には的確のような気がする。10倍ズーム、手振れ補正付き。ジェットAF。2年ぶりにミノルタユーザーになるか? *istDは売却…もったいないかな。まあ店頭でイジってみてからだし、お金ないからたぶん買えない。

08/05●ピタゴラスイッチ:行進・体操の進化|ピタ・ゴラの唄|10本アニメreview

これまで

‖アルゴリズム行進・体操

レーシングチームのみなさんと。中華街のコックさんと。XX病院のみなさんと。XX高校のみなさんと。大人数による輪唱行進および体操。圧巻。

‖ピタ・ゴラの歌

歌も声優もかわいい。インチキ童謡メロとして傑作。

…の中をよく見たら
タイヤの中をよく見たらタイがある。クリスマスツリーの中でリスがマス釣りしてた。
んがなくちゃいか!
「サイン」すらすら んがなくちゃサイ!
ピタ・ゴラ・ジョンマーチ
進め 前進 前を向いて一心不乱にタッタカタッタッタ。西向け 真っ赤な空 赤い夕日が沈んで行くよ。東向け 真っ白な 大きなお月様が出てくるよ。
かかと つまさき 真ん中のへこんでるとこ 土踏まず。顔なじみ 見ず知らず 顔だけ知っているなら顔見知り。

先月ようやく気が付いたが、テレビのジョンは、テレビジョンだからジョンなのだね。

‖10本アニメ

棒が10本集まって、いろんな形状に“変身”しながら物語を進める。目の前のハエをやっつけるため、棒が寄り集まって殺虫剤になったり、カメレオンになったり。

ラーメンズをはじめとした声優が、ポリンキー的な「いいねえ」ノリでセリフを読む。その抜け作加減が素晴らしい。

[calender]

2004年08月06日(金)

08/06●東京の夏の恒例行事

JR山手線に乗車中、ふと隣をみたら子供がポケモンラリーのスタンプ台を開きながら計画を立てていた。「ああ、夏休みだな」と思う。

チコリータが真剣にかわいい。

08/06●武蔵小山の駐輪場photo

写真ではなんだかわからないと思うが、駐輪スペースも通路もすべて自転車で埋め尽くされている。これ、奥に停めた人が先に帰ってきたら、どうなるのだろう。

photo


商店街で、普段用にタスキがけ型の三角デイバッグを衝動買い。色がグリーン。オタっぽいかもしれない。

08/06●DiMAGE Z3を試してみるphoto

公式

photo photo photo

Z1・Z2はオモチャっぽい手触りだったのに、Z3は見事にカメラ。 グリップも操作感も素晴らしい。欲しい。

でも6.7万。ちと高い。でもアンチシェイクの効果はすごい。 いまZ1が3.3万、Z2が4.4万(すべてうろ覚え)。

画質も問題ない。とはいえ、人肌や影の階調再現を真剣に見るなら、*istDのほうが断然よい。しかしカメラサイズがぜんぜん違うわけだし。Z3は普段使いのミニカバンに入るからなあ。撮るチャンスのない名作より、実際に取れる凡作が大事だよなあ。

ああ欲しい。でもお金ない。


(8月7日追記)

もっとも、等倍で見れば、ISO100程度にしては暗部ノイズが多い。等倍で見る必要はないから、かまわない気もする。*istDだって、ISO800なら等倍のノイズはひどいもんだ。

ジェットAFは噂どおり早い。もっとも、ピント確認は液晶だからわかんない。そのへんは*istDとは実力に短違いの差があるな。

[calender]

2004年08月07日(土)

08/07●ノラネコ@東中野

「なかなかいないな」と思っていたら、小雨が降ってきた。だからネコは避難していたのかも。

しかし、振り出した後はわんさかであった。4箇所で合計8匹。魅惑的な街だ。

撮影できたのは1匹のみ。車下に逃げ込んだが、呼んだら出てきた。かわいい白オレンジ。よくなぜてやる。首筋と背中。気持ちよさそうだ。
photo photo photo

他のは雨の中うらめしそうな顔をしながら逃げ、体を舐めて毛づくろいをしている。身だしなみは大切だ。

[calender]

2004年08月08日(日)

08/08●夏バテ

エントリーのみ。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2004年8月 > >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
inserted by FC2 system