【ネコとか唄とかそんなもの。】

2008年03月 06-10日

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2008年3月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
or other month/year

PR:日本留學情報網 taiwan2japan 從台灣向日本

Generated by nDiary version 0.9.4

2008年03月08日(土)

03/08●二次創作:刹那Fセイエイの憂鬱comic][review

古泉:
ガンダム本位というのをご存知ですか?
キョン:
ご存知ないな
古泉:
“ガンダム思うゆえに世界あり”、そういう考えです。詳しくお話してもよろしいですか?
キョン:
手短に頼む

あなたはおかしいと思いませんか? いまの世界において、GNドライブはオーバーテクノロジーです。 なのにそれは存在する。 軌道エレベーターにせよ、戦術予報も、とても不自然です。 そもそものイオリア・シュヘンベルグからして実在が疑われます。

なぜ紛争根絶のための武力なのか。おかしいと思いませんか?

われわれ組織の答えは。

「ガンダムがそう望んだから」

ガンダムが望んだからイオリア・シュヘンベルグがソレスタルビーイングをつくり、 ガンダムが望んだからGNドライブが生まれ、 世界には紛争が起きる。

不思議とお思いですか? でも、分かるんです。 3年前のある日、僕は気が付いたらガンダムマイスターだった。 理由は説明しようがありません。 それでも、自分がマイスターだと分かってしまったんです。 当然、僕を生み出した存在のことも分かります。それが…

キョン:
ガンダムだっていうのか?
古泉:
そう、ガンダムです。

僕が困惑しながら歩いているうち、同じようにガンダムに選ばれた人間に出会った。 これも説明できませんが、互いにすぐ分かってしまったのです。

ガンダムにイライラがたまると閉鎖空間が生まれ、そこに紛争が起こる。 マイスターといっても、その限定された時間、限定された空間でしか力を持てません。 ガンダムにとって、紛争はニキビみたいなものです。 われわれは、ただそのニキビを治療するだけ。

われわれは恐れています。 もし ガンダムがこの世界に飽きてしまったら…

キョン:
飽きてしまったら?
古泉:
次のこの放送枠はコードギアスになってしまうのではないでしょうか? われわれ組織はそれを恐れています。
キョン:

キョン:それは規定事項ではないのか?


いちおう古泉をティエリアでお願いします。キョンは誰だろうな…

03/08●コードギアス 反逆のルルーシュ(1st)comic][review

見たのは偶然で、Wikipediaでギアス能力のまとめを読んだから。

  • 誰に対しても、どんな命令も、強制的に下せる
  • ただし、1人に対しては1回のみ
  • 直接に目を見なければならない

おお、これは良質なミステリー謎解き要素。それをどう駆使するのか楽しみで干渉。−−結果、この作品は私には負の評価になる面が多いのですが、結果として褒めたい面のほうが多い結果に。

褒める点:
ルルーシュとスザクの物語の双子性。占領下「イレブン」の徹底した残酷描画。ランスロットがとにかくカッコいいこと。
気に入らない点:
ルルーシュの声優の重苦しさ。絵柄の古さ(意図的と思われる)。ルルーシュもスザクも生まれが良すぎて話が空虚に感じる点。

第2話でのランスロット登場時、エヴァばりにエネルギープラグがシュパッと抜け、電王ソードの「俺、参上!」の見栄を切り、超高速で動く。まさにランスロットの名にふさわしい動きで、とてもとても関心。

22話かな、あの暴走はあまりに悲しく、また想像外で、とても関心。その22・23だけ見ると感動しないが、ユフィー・ルルーシュ・スザクを3話から積み重ねて見てきた結果としてあれを見ると 感慨深し。

ただ、1stがぜんぜんキリがつかないまま終わった。ガンダムOOも始めから2期決定済みで半年でいったん休憩なんだそうだが、いまはそういうペースでクオリティを守る方針なのかな?

ただ、前の深夜枠と違って今回は夕方なので、占領下での残酷生活の描画ができるのか心配だったりします。

[calender]

2008年03月09日(日)

03/09●NHK:ミラクルボディ#1:アサファ パウエルreview

NHK公式

photo photo photo

内容:アサファ パウエルは現時点の100mスプリント最速の男。9.47秒。その走りの解析を、ハイスピードカメラ(秒を30倍といっていたので、30フレーム*30=900フレーム?)で撮影。モーションキャプチャとMRIを用い、筋肉分布も解析、CGで動きを再現。

この映像がとにかく綺麗。映画なみにコントラストや色表現に懲りまくったもので、マトリックスに匹敵する。一流のスポーツマンの動きは それだけですげえ。

再放送されたら ぜひどうぞ。


03/09●NHK:ちりとてちん と 落語review

ちりとてちん(朝ドラ)、レベルの高い。演技、シナリオ、テーマ、落語、音楽、すべていい。

きーこのアホさ加減にイライラすることがでかいが、それよりもなによりも 全体像が素晴らしい。そうしてみているうちに、きーこが成長してくる。帯ドラマの醍醐味を味わえる。

で、きーこ以外の部分が「NHK朝ドラ」の枠を超えて素晴らしい。加藤さんによる四草の演技のすごいこと。また、和久井映見にこんなに感動するとは思わなかった。個人的には、松尾演ずる落語ファンの床屋さんが「最近のTVて、なんにでも字幕でるやろ? わし、あれは視聴者をバカにしとる気がして 腹が立つねん」と言ったのに感動した。

最近、本物の上方落語の噺家による落語(の過去放送アーカイブ)を深夜に放送しまくっている。本編の続きも、2期もスペシャルかは不明だが、制作は決定とのこと。TV雑誌でも定期的にとりあげられているそうな(伝聞)。

こういう 落語文化を側面から支えたり、上記のような良質な映像をきちんと流したり、NHKはがんばってるなあ と思ったりします。その一方でニュースの内容がすんげえ偏向していて(民法よりはマシなのか?)困ったり。

[calender]


goto: latest or index or 拍手する
2004 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2005 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2006 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2007 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2008 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2009 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2010 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2011 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2012 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2013 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2014 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2015 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2016 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12
2017 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

よりぬき: 音楽雑記neko写真マンガ美術各種感想悪夢別の月/年

<< < 2008年3月 > >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
inserted by FC2 system